アジアン・リポーターズは赤い独裁国による日韓への浸透工作の阻止を目標にしています。
そのための最も効果的な対抗措置は、脱北者の証言と、朝鮮学校問題の本質を広めることだと考え、特に力を入れて発信しています。 日本では、このありえない事実がまったく取り上げられていません。仮に取り上げられたとしても、日本全体が真っ青になるような内容は、無視されるか矮小化されています。

昨今の日韓関係悪化も、ここに問題の根本原因があると言えるでしょう。それを広く知らせることが、真の日韓友好につながる、大事な第一歩だと考えています。

<最近の投稿>

  • 調子が戻ってきた北朝鮮報道 口汚さは天下一品

    調子が戻ってきた北朝鮮報道 口汚さは天下一品

    文大統領の光復節の演説。予想通りと言えば予想通り。 日本のメディアでは「批判のトーンを抑えている」「自制的」などと報道されていますが、基本「日本がこちらを忖度して行動せよ、しからずんば何もせず」という内容です。 別に批判 … "調子が戻ってきた北朝鮮報道 口汚さは天下一品" の続きを読む…もっと読む »
  • 進撃の文在寅:北朝鮮をぶっこんで挙国一致体制を自ら崩す

    進撃の文在寅:北朝鮮をぶっこんで挙国一致体制を自ら崩す

    前回の投稿でお互い譲歩は難しいので、このピンチをチャンスととらえて韓国にはこの困難を乗り越えてほしいと書きましたが、さっそく困難を乗り越えるための挙国一致体制が怪しくなってきました。 理由は簡単。北朝鮮との連携を掲げだし … "進撃の文在寅:北朝鮮をぶっこんで挙国一致体制を自ら崩す" の続きを読む…もっと読む »
  • なるようにしかならない日韓関係

    なるようにしかならない日韓関係

    とどまることを知らない日韓関係の悪化。 とまぁ、そういう枕言葉で投稿を始めるのも飽きてきました。 もはやどちらが悪いとかいう問題を超越してきた感があります。 こりゃもうなるようにしかならんでしょうね。 報復の応酬でお互い … "なるようにしかならない日韓関係" の続きを読む…もっと読む »
  • 反中に傾斜するフィリピン

    反中に傾斜するフィリピン

    南シナ海問題で国際司法裁判所に提訴し、勝利したフィリピン。 そのまま反中まっしぐらかと思いきや、その後、中国の経済支援でとたんに沈黙したドゥテルテ大統領。 が、それも状況が変わってきたようです。…もっと読む »
  • すべての起点が「植民地支配したから」になることによる弊害

    すべての起点が「植民地支配したから」になることによる弊害

    『「反日・親北」の韓国 はや制裁対象!』という過激なタイトルの李相哲先生と武藤正敏氏の共著本から、これが色んなことの諸悪の根源だよな~と思える内容があったので引用しておきます。…もっと読む »
  • 反日活動が中国っぽくなる韓国

    反日活動が中国っぽくなる韓国

    日本製品不買運動が意外と長引きそうです。 韓国の不買運動もいつも通りなんで、一時盛り上がってすぐ元に戻るだろうと思ってはいますが、一部の市民団体が盛り上がるだけの慰安婦や徴用工問題と違って、韓国に対するホワイト国除外(= … "反日活動が中国っぽくなる韓国" の続きを読む…もっと読む »
  • 日本許すまじ!で国論統一する韓国文政権

    日本許すまじ!で国論統一する韓国文政権

    順調に炎上中の徴用工問題。 このネタをきっかけに「おたくらの輸出管理体制なってないんじゃねぇの?」とホワイト国から除外。 韓国は「難癖だ!ちゃんとやってるぞ!」と反論するも「北朝鮮に輸出した事実はない」というだけで、北朝 … "日本許すまじ!で国論統一する韓国文政権" の続きを読む…もっと読む »
  • 緊迫化の一途を辿るイラン情勢

    緊迫化の一途を辿るイラン情勢

    イラン情勢がえらいことになってます。 イラン核合意はほぼほぼ破綻状態。 フランスのマクロン大統領がイランへ行っていますが、イラン寄りの姿勢で米国を説得しようとしたことろでオバマ大統領ならともかく、トランプ大統領がYesと … "緊迫化の一途を辿るイラン情勢" の続きを読む…もっと読む »
  • 日韓経済デカップリングが進む

    日韓経済デカップリングが進む

    いよいよ対韓経済制裁発動です。 実際は今までの優遇措置をやめて、その他大勢の国と一緒にするということ。 言い訳は完璧ですね。WTOも「優遇」をやめて「公平」にすることに文句は言えないでしょう。 ただ、個人的にはちょっと性 … "日韓経済デカップリングが進む" の続きを読む…もっと読む »
  • トランプ大統領板門店電撃訪問 北朝鮮で宣伝映画化

    トランプ大統領板門店電撃訪問 北朝鮮で宣伝映画化

    なななんと!トランプ大統領が板門店を電撃訪問し、金正恩と会いました~~~~!!!、、、なんて驚きはまったくありません。 ふ~ん、で?って感じ。 しょせんは両方とも国内向けの点数稼ぎであり、今後始まる「いつも通り」の「北朝 … "トランプ大統領板門店電撃訪問 北朝鮮で宣伝映画化" の続きを読む…もっと読む »

 

続き