アジアン・リポーターズは赤い独裁国による日韓への浸透工作の阻止を目標にしています。
そのための最も効果的な対抗措置は、脱北者の証言と、朝鮮学校問題の本質を広めることだと考え、特に力を入れて発信しています。 日本では、このありえない事実がまったく取り上げられていません。仮に取り上げられたとしても、日本全体が真っ青になるような内容は、無視されるか矮小化されています。

昨今の日韓関係悪化も、ここに問題の根本原因があると言えるでしょう。それを広く知らせることが、真の日韓友好につながる、大事な第一歩だと考えています。

<最近の投稿>

  • 文在寅大統領の凶悪な人事

    文在寅大統領の凶悪な人事

    在日韓国人が運営する唯一の保守系メディアと言える統一日報に「文在寅政権の「運動圏」勢力図」という連載が掲載されています。読めば読むほど、ここまでの人事をよくぞやれたなと背筋が寒くなります。…もっと読む »
  • 嘘をつく慰安婦の深層心理 死者の代弁

    嘘をつく慰安婦の深層心理 死者の代弁

    以前から嘘をついている、又は偽物が紛れ込んでいると指摘のあった慰安婦の証言。人権問題に取り組む上での難しさが顕著に出ています。気の毒に思って感情移入すると「もしかして嘘をついているかも?」という疑問を持つことができなくな … "嘘をつく慰安婦の深層心理 死者の代弁" の続きを読む…もっと読む »
  • 胡散臭い扇動ツイートから差別の大合唱が始まる

    胡散臭い扇動ツイートから差別の大合唱が始まる

    匿名のネットでは、たびたび胡散臭いツイートが散見されます。大変嘘くさい、かつ証明責任を全く果たしていないツイートがえらく拡散されてました。その内容はこちら。おばあさんが「大きな荷物持っちゃって。中に死体入ってるんじゃない … "胡散臭い扇動ツイートから差別の大合唱が始まる" の続きを読む…もっと読む »
  • 苦しい言い訳でしかない『高校無償化裁判―249人の朝鮮高校生たたかいの記録』

    苦しい言い訳でしかない『高校無償化裁判―249人の朝鮮高校生たたかいの記録』

    総連の機関紙、朝鮮新報の一部でもある月刊イオが出版している『高校無償化裁判―249人の朝鮮高校生たたかいの記録』。あまりにも詭弁を弄するのでいちいち指摘してみたいと思います。産経どころか朝日など左派系メディアの報道も批判 … "苦しい言い訳でしかない『高校無償化裁判―249人の朝鮮高校生たたかいの記録』" ……もっと読む »
  • 本当にいるのか?『朝鮮人民の闘争に支持と連帯を表す 英国の人士』

    本当にいるのか?『朝鮮人民の闘争に支持と連帯を表す 英国の人士』

    嘘か本当か、イギリスに共産党があるそうです。どこまで気合が入った共産主義者なのかは不明ですが、北朝鮮報道では「チュチェの旗印を高く掲げて力強く前進する朝鮮人民の闘争に全面的に支持」するらしいです。本気で言ってるなら一度北 … "本当にいるのか?『朝鮮人民の闘争に支持と連帯を表す 英国の人士』" の続きを読 ……もっと読む »
  • リベラル復権の必読書 橘玲著『「リベラル」がうさんくさいのには理由がある』

    リベラル復権の必読書 橘玲著『「リベラル」がうさんくさいのには理由がある』

    自民が圧勝した衆院選。「リベラル」の定義を説明するテレビ番組をちらほら見かけます。私自身は自分をリベラルだと思っていますが、それを説明するうえで、まさにこれだ!という説明が橘玲著『「リベラル」がうさんくさいのには理由があ … "リベラル復権の必読書 橘玲著『「リベラル」がうさんくさいのには理由がある』" ……もっと読む »
  • 『北朝鮮脱出 地獄の政治犯収容所』 妊婦に対する残酷な強制堕胎

    『北朝鮮脱出 地獄の政治犯収容所』 妊婦に対する残酷な強制堕胎

    『北朝鮮脱出〈上〉地獄の政治犯収容所 (文春文庫)』。強制収容所から脱出した在日朝鮮人の子孫である姜哲煥氏の手記。この強制収容所の実態を知らずに、北朝鮮は語れない。これこそが暴君とごく一部の取り巻き以外、誰も幸せにしない … "『北朝鮮脱出 地獄の政治犯収容所』 妊婦に対する残酷な強制堕胎" の続きを読む…もっと読む »
  • アメリカの「理解する」は「不愉快」という意味

    アメリカの「理解する」は「不愉快」という意味

    韓国の保守系情報サイト「趙甲濟」に、アメリカの「理解する」という発言の真意を説明している記事がありました。(URL:『미국式 화법 ‘이해한다’라는 것의 정확한 의미』⇒「アメリカ式の言い回し「 … "アメリカの「理解する」は「不愉快」という意味" の続きを読む…もっと読む »
  • 著書『拉致と日本人』 切り取って都合よく解釈する

    著書『拉致と日本人』 切り取って都合よく解釈する

    辛淑玉さんと蓮池透さんの対談本『拉致と日本人』。随所に自分に都合よく解釈する内容が散見されます。感情とはやっかいなものです。自分が嫌いな相手には事実をありのまま受け取るのではなく、悪意というフィルターを通して解釈してしま … "著書『拉致と日本人』 切り取って都合よく解釈する" の続きを読む…もっと読む »
  • 著書『拉致と日本人』の妄言 北朝鮮は在日朝鮮人を拉致しなかったし工作員の対象にもしなかった

    著書『拉致と日本人』の妄言 北朝鮮は在日朝鮮人を拉致しなかったし工作員の対象にもしなかった

    先日の投稿(著書『拉致と日本人』の妄言 北の政権が倒れるときは拉致被害者が殺される可能性がある)に続き、辛淑玉さんと蓮池透さんの共著『拉致と日本人』からありえない主張を取り上げます。本当に驚くのは「なぜ北朝鮮は在日朝鮮人 … "著書『拉致と日本人』の妄言 北朝鮮は在日朝鮮人を拉致しなかったし工作員の対象に ……もっと読む »

 

続き