北朝鮮漁民を強制送還した文政権

文政権の狂気が表面化しました。

文在寅大統領に対しては、一応政治家として有能かはともかく、人権派弁護士として基本良い人だと思っていました。が、その認識は改めないといけなさそうです。

7日に北朝鮮漁師2人を、船上で16人殺害した犯罪者だということで、北朝鮮へ即送還したそうです。

その時の実情が、徐々に明らかないなっている模様。

それがこちら。

乗組員二人は帰順の意思を示したのに…縛って目隠しして板門店へ

帰順の意思を伝えた北朝鮮漁船乗組員を韓国政府が7日に北朝鮮に追放した問題を巡ってさまざまな疑惑が表面化している。韓国政府が追放の決定を下したプロセスやその根拠についても問題を指摘する声が相次いでいる。

まず過去の南北関係において前例のない今回の「追放」について「その決定は韓国大統領府の意向によるもの」との見方が相次いでいる。ある韓国政府筋は11日「今回の事件はあまりにも異例で政治的な負担が大きいため、統一部(省に相当)と国家情報院は明確な考えを示せなかったと聞いている」と伝えた。政府が北朝鮮漁船乗組員二人を拘束からわずか5日で追放したのは、今なおギクシャクする南北関係などを考慮した大統領府による政治的判断が作用したとの見方だ。関係部処(省庁)による会議でも大統領府国家安保室の意向が強く作用したという。しかし大統領府は「安保室が決めたわけではない」と反論する。

■赤十字ではなく警察特攻隊が護送、板門店で北朝鮮兵士を見て座り込んだ乗組員

また乗組員二人は帰順の意思を伝えたにもかかわらず、縄で縛られた上に目隠しをされ、何も見えない状態で板門店に移されたという。北朝鮮に送り返されると知らされていなかった二人のうちの一人は、北朝鮮兵士を目にするとその場に座り込んでしまったそうだ。ある脱北者団体の関係者は「韓国政府の主張通り彼らの帰順意思がうそであれば、本人たちになぜ北送を知らせなかったのか」と指摘する。海上を漂流してきた北朝鮮住民を送り返す際には通常赤十字社が引き渡しを担当するが、今回警察特攻隊が護送を担当したことも異例だ。北送に反発して自害する可能性などに備えたと考えられる。これも「強制北送」の根拠という指摘が相次いでいる。

「北朝鮮離脱住民に対する裁判管轄権は当然韓国にあるため、彼らを北朝鮮に引き渡したのは不当」との指摘もある。慶煕大学のホ・ヨン碩座(せきざ)教授(寄付金によって研究活動を行えるよう大学の指定を受けた教授)は「(脱北民の)帰順意思が本当かどうかを政府がどう判断するのか」とした上で「まずは彼らを受け入れ、韓国の法律に従って捜査を行い裁判を受けさせるべきだった」と指摘した。高麗大学のチャン・ヨンス教授は「憲法上、北朝鮮住民は帰順意思の表明とは関係なく韓国国民だ」「政府はこの『国民』という概念そのものを否定した」として政府の対応を批判した。これに対して政府は「凶悪犯は難民として認められない」と主張するが、難民という立場は外国人にのみ適用されるため、今回の北朝鮮乗組員には該当しないことになる。

乗組員らによるとされる海上での殺人事件そのものも疑問視する声が相次いでいる。日本の特定失踪者問題調査会の荒木和博代表は「(問題の)木造漁船はその構造からして甲板の下に通路がなく、隣の部屋に行くには甲板に上がらなければならない」と指摘し、集団殺人そのものへの疑問を指摘した。韓国の元漁船乗組員で北朝鮮に拉致され脱北したチェ・ウクイルさんは「17トン級の(小さい)船で3人が16人を殺害したそうだが、その際に誰も気付かなかったというのは理解しがたい」「イカ釣り漁船は主に夜に操業するので、乗組員全員が深く寝ることはできない」と説明した。

金慶和(キム・ギョンファ)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/12/2019111280056.html

韓国亡命を希望する北朝鮮漁師二人を目隠しして強制北送。

目隠しを取った瞬間、北朝鮮兵士を見た漁師の絶望はいかばかりか想像を絶します。

殺害疑惑も怪しいことこの上ない。

「17トン級の(小さい)船で3人が16人を殺害したそうだが、その際に誰も気付かなかったというのは理解しがたい」「イカ釣り漁船は主に夜に操業するので、乗組員全員が深く寝ることはできない」という指摘の通り、どう考えても怪しい。

良好な(と文政権は自画自賛している)南北関係を悪化させないために、北朝鮮漁師の命を売ったのなら恐ろしい政権と言えます。

正直言って、反日は「まぁいつも通りですね」と生暖かく見守り、いつもネタをありがとうくらいにしか思っていませんでしたが、この件は背筋がぞっとします。

あれだけ民主化だ、反軍事独裁だと己の寄って立つところを「人権派」というリベラル思想で固めている人物が、隣の同胞を平気で地獄送りにする。

恐ろしい、、、。

文政権は踏み越えてはならないラインを越えたと思えます。

無能による経済破壊政策も大問題ですが、いよいよ「人として」やってはいけないことに手を染めたようです。

一刻も早く、この政権には退場してもらう必要がある。そういう確信を得られる事件と言えます。