韓国専門家「北朝鮮は対話の意思はあるが、譲歩する気はなし」

韓国専門家、いわく北朝鮮のミサイルは非常に脅威であるとのことです。

同じ民族には攻撃しないという根拠のない自信を持つ、韓国リベラルの皆さんに繰り返し言い聞かせてみたいもんですね。

それにしても着実に北朝鮮のミサイル技術は進化していますね。

もし着弾させたら反撃を受けて滅びるので、北朝鮮が実際に攻撃してくるはずない、という意見もあるでしょう。

それは正しいと思います。

しかし、放置していては何をするか分からないテロ組織にこの武器を売って外貨を稼ぎだすことも考えられます。

どうせ実際には撃ってこないと無視して良い問題でもありません。

そして、「北朝鮮には米朝交渉を再開する意思はあれども、譲歩する気はさらさらない」と断じています。

私も同感です。

そして、それはアメリカも同じでしょう。

お互い譲歩する気がないのであれば交渉になりようがない。

現状維持で有利になるのは米国側。

この状態を崩そうとプーチンに会いにいくも、ロシアが積極的に北朝鮮のために動いてくれる気配もなし。

中国も米国との貿易交渉で生き残りに必死です。

現状を打開するために北朝鮮がやれることは何か?

ミサイル発射です。

軍事的な威嚇くらいしかやることがない。

もしかしたら今年中に核実験もやるかもしれませんね。

そうなってもトランプは軍事攻撃に踏み切らないでしょう。

ひたすら制裁を強化し、内部崩壊を狙うはずです。

それがうまくいくかどうかは、自由韓国のような組織や似たような動きが北朝鮮国内で活発になるかどうかにかかっています。

北朝鮮国内の革命勢力が独裁政権を打倒する。そうなればベストですが果たしてどうか?

今年の北朝鮮情勢は公的な国家間外交より、その手のスパイ活動的なものが中心になりそうな予感がします。