『北朝鮮脱出〈上〉地獄の政治犯収容所』 家族を憎み合わせ、絶望死させ、道に埋めて平土にし、祈ることも許されない

 この本は、強制収容所から脱出した方の手記です。ここでは、強制収容所内での子供達がどれだけ残酷な目にあっているかが書かれています。この強制収容所の実態を知らずに、北朝鮮は語れないでしょう。

北朝鮮脱出〈上〉地獄の政治犯収容所 (文春文庫)』 P55-58


 二ヵ月間が過ぎ、祖母の髪はまっ白になってしまった。祖母は、息子と孫たちの艱難辛苦を目の前にして、自分の舌をかみ切りたい思いをがまんするのに精一杯だった。それは息子と孫たちに北朝鮮行きを強いたのは、他ならぬ自分自身だったからである。それで祖母は、毎日の御膳を整えるのに大変な苦労をした。「トウ米」だけでは栄養失調になるのは目に見えているので、毎日山の中を歩きまわり、食べられそうな草や木の実、木の根を集めてきてはおかずを作った。
 祖母はどんな苦労をしても、ひと言も不平めいた言葉は囗に出さなかった。
 ある日、私は祖母に尋ねた。
 「おばあさん、僕に本当のことを教えてください。おじいさんはどんな悪いことをしたのですか。お願いだから隠さないで正直に言ってください」 “『北朝鮮脱出〈上〉地獄の政治犯収容所』 家族を憎み合わせ、絶望死させ、道に埋めて平土にし、祈ることも許されない” の続きを読む