KOREA TODAY 2015/11月論壇より ~「朝鮮労働党70年、彼らは何をしたか」~

「朝鮮労働党70年、彼らは何をしたか」
金烈洙(誠信女子大学国際政治学専攻教授)

 まず、北朝鮮の朝鮮労働党の歴史を見ると次の通りである。朝鮮労働党は、一九四五年十月十日に朝鮮共産党の北朝鮮分局として初めて設立された。続いて一九四六年六月に北朝鮮共産党に改名し、ソウルの朝鮮共産党から独立した。同年八月には、平壌の朝鮮新民党と合党し、北朝鮮労働党(北労党)に党名を変えた。しかし、大韓民国建国直後である一九四八年十二月に国家保安法が制定されて韓国内での活動が困難になると南朝鮮労働党(南労党)党員が北朝鮮に渡ったので、金日成はこれをきっかけに一九四九年六月、南労党と北労党を統合して朝鮮労働党を立ち上げた。即ち、朝鮮労働党は実際には一九四九年六月に創設されたが、北朝鮮は、朝鮮共産党の北朝鮮分局が設置された一九四五年十月十日を党創建日として記念してきた。 “KOREA TODAY 2015/11月論壇より ~「朝鮮労働党70年、彼らは何をしたか」~” の続きを読む

『北朝鮮脱出 地獄の政治犯収容所』 飢餓で人間性を奪う

北朝鮮脱出〈上〉地獄の政治犯収容所 (文春文庫)』は、強制収容所から脱出できた姜哲煥氏の手記です。帰国事業で北送された在日朝鮮人の末路が描かれた壮絶な内容。この強制収容所の実態を知らずに、北朝鮮は語れないし、朝鮮学校や朝鮮総連の実態は分からないでしょう。

在日一世から受け継いだウリハッキョ(=朝鮮学校)を守ろう!と言う割には、北送同胞のことは無視する。この二重基準に嫌気がさした人たちから朝鮮学校から離れていきます。本当に学校の存続を願うなら、在日一世・二世を大量虐殺した相手と手を切るのは必須でしょう。たとえ無償化対象になったとしても、この歪んだ教育が是正されない限り、衰退する以外道はありません。

何の罪もない在日朝鮮人たちが北朝鮮でどのような目に合わされたのか?飢餓で人間性を奪われた人々の末路がこちら。

北朝鮮脱出〈上〉地獄の政治犯収容所 (文春文庫)』 P50-52

収容所での作業量の多さにはまいったが、それよりももっとがまんできないのはひもじさであった。私の家では十五日間が過ぎると、持ってきた食糧はみな底をついてしまい、あとは配給されるトウモロコシ米にすがるよりしかたがなかった。

トウモロコシ米の「米」というのは言葉だけで、本当はトウモロコシを米つぶより大きめに砕いてあるだけのものである。これが一日三百五十グラムずつ配給されるのだが、長時間炊いても消化しにくいものであった。 “『北朝鮮脱出 地獄の政治犯収容所』 飢餓で人間性を奪う” の続きを読む

『北朝鮮 絶望収容所』 保衛員の都合で犯され、殺される少女たち

 

 北朝鮮を語る上で、絶対に読まなければならない本です。これを日本全体で共有しない限り、日朝国交正常化はありえません。

北朝鮮 絶望収容所 (ワニ文庫)』 P162


 収容所哨所には顔立ちが整っている政治犯の女性たちが多かった。
 前国家保衛部長(初代)であった金炳夏は収容所の視察に来るときはいつも、収容所内にある自分の別荘で政治犯の女性と一晩を楽しみ、自分が寝たあとの女性たちは3局の局長にまわしたという。性のオモチャとして弄ばれたその女性たちは、結局最後には口封じのために殺されてしまった。
“『北朝鮮 絶望収容所』 保衛員の都合で犯され、殺される少女たち” の続きを読む

最凶の従北市民団体『挺対協』

引用元:http://m.futurekorea.co.kr/news/articleView.html?idxno=27808 (韓国語)

全文は、自動翻訳でも十分に理解できる内容です。ぜひ上記サイトを読んでみてください。ここでは、このサイトの内容を要約します。

挺対協(韓国挺身隊問題対策協議会)を動かす人々が、どういうバックグラウンドを持った人達かを、告発しています。

  • 日米が蜜月時代を迎える中、韓国が阻害されている状態。
  • 韓米同盟でさえ、日本との関係悪化のために危うくなってきている。
  • 安倍首相訪米中も、ずっと付きまとって日本政府の公式謝罪を要求している。
  • 韓国政府の外交は、実質的に挺対協が作った「公式謝罪と法的賠償」という原則の枠をはめられた状態。
  • 挺対協の言いなりになる対日外交のため、日韓関係と、韓米同盟の悪化を招いたことは否定できない。
  • 挺対協は本当に元慰安婦の傷をいやすために活動している人権市民団体なのか?それとも日韓分断を目的とした団体なのではないのか?この疑問を払拭できない。

“最凶の従北市民団体『挺対協』” の続きを読む