『北朝鮮脱出 地獄の政治犯収容所』 飢餓で人間性を奪う

北朝鮮脱出〈上〉地獄の政治犯収容所 (文春文庫)』は、強制収容所から脱出できた姜哲煥氏の手記です。帰国事業で北送された在日朝鮮人の末路が描かれた壮絶な内容。この強制収容所の実態を知らずに、北朝鮮は語れないし、朝鮮学校や朝鮮総連の実態は分からないでしょう。

在日一世から受け継いだウリハッキョ(=朝鮮学校)を守ろう!と言う割には、北送同胞のことは無視する。この二重基準に嫌気がさした人たちから朝鮮学校から離れていきます。本当に学校の存続を願うなら、在日一世・二世を大量虐殺した相手と手を切るのは必須でしょう。たとえ無償化対象になったとしても、この歪んだ教育が是正されない限り、衰退する以外道はありません。

何の罪もない在日朝鮮人たちが北朝鮮でどのような目に合わされたのか?飢餓で人間性を奪われた人々の末路がこちら。

北朝鮮脱出〈上〉地獄の政治犯収容所 (文春文庫)』 P50-52

収容所での作業量の多さにはまいったが、それよりももっとがまんできないのはひもじさであった。私の家では十五日間が過ぎると、持ってきた食糧はみな底をついてしまい、あとは配給されるトウモロコシ米にすがるよりしかたがなかった。

トウモロコシ米の「米」というのは言葉だけで、本当はトウモロコシを米つぶより大きめに砕いてあるだけのものである。これが一日三百五十グラムずつ配給されるのだが、長時間炊いても消化しにくいものであった。 “『北朝鮮脱出 地獄の政治犯収容所』 飢餓で人間性を奪う” の続きを読む