KOREA TODAY 2015/11月論壇より ~「朝鮮労働党70年、彼らは何をしたか」~

「朝鮮労働党70年、彼らは何をしたか」
金烈洙(誠信女子大学国際政治学専攻教授)

 まず、北朝鮮の朝鮮労働党の歴史を見ると次の通りである。朝鮮労働党は、一九四五年十月十日に朝鮮共産党の北朝鮮分局として初めて設立された。続いて一九四六年六月に北朝鮮共産党に改名し、ソウルの朝鮮共産党から独立した。同年八月には、平壌の朝鮮新民党と合党し、北朝鮮労働党(北労党)に党名を変えた。しかし、大韓民国建国直後である一九四八年十二月に国家保安法が制定されて韓国内での活動が困難になると南朝鮮労働党(南労党)党員が北朝鮮に渡ったので、金日成はこれをきっかけに一九四九年六月、南労党と北労党を統合して朝鮮労働党を立ち上げた。即ち、朝鮮労働党は実際には一九四九年六月に創設されたが、北朝鮮は、朝鮮共産党の北朝鮮分局が設置された一九四五年十月十日を党創建日として記念してきた。 “KOREA TODAY 2015/11月論壇より ~「朝鮮労働党70年、彼らは何をしたか」~”の続きを読む