朝鮮学校で洗脳教育が成功していることを証明する証言

在日総合誌『抗路』から、朝鮮学校で洗脳教育が成功していることを証明する証言を引用します。

ここで、二〇一四年六月に愛知朝高の高三生として朝鮮への「祖国訪問」をしたある男子生徒が綴った文を紹介しておこう。

「修学旅行では、観光名所をみてまわったり、姉妹校と交流をしたりしますが、それ以外に、朝鮮に親族がいる場合には、事前に申請して親族に会うことができます。僕は、朝鮮に訪問した際、祖父の弟にあたる人とその一家に会いました。スケジュールの合間をぬって何度か一緒に食事をしたり、一人では食べきれないほどのお弁当を作ってきてくれたり、僕の事をアボジ(父)とそっくりだと、二コニコ笑いながら色々な話をしました。その方は僕に『あっちで大変なことが無いか』『あっちの政府はまだ在日に弾圧を続けているのか?』『つらいと思うが踏ん張って支え合って生きていけ』と自分の生活より異国の地で暮らしている在日を心配して励ましてくれました。日本の僕たちのことも見守ってくれていて、こういう人たちに支えられて頑張れるんだと感じました。朝鮮から帰る時も、親族と別れるのが一番悲しかったです。朝鮮高校に通っていなければ、こんな体験はできなかったと思います。その時、僕は、この人達を安心させたい、元気な顔を見せたいと心の底から思いました。なので、僕は高校卒業後に進学して、ある技術をしっかり勉強して、朝鮮にいる親戚達に『もう在日を弾圧するような政権は無い』と安心させることが目標になりました。」(『ととり通信』12号)

 ここから読み取ることができるのは、日本社会で言われるように朝鮮訪問で「洗脳された」姿ではない。朝鮮学校の生徒たちにとって、朝鮮も他の国と同じように人が暮らす場であり、滞在中に、ともに食事をし、話しをし、笑い、泣いた人たちが暮らす場だとして認識しているのである。

抗路』 「朝鮮学校無償化裁判」が問うていること 山本かほり P98-99 

まさにこれこそ洗脳教育が大成功している証左でしょう。 “朝鮮学校で洗脳教育が成功していることを証明する証言” の続きを読む

『北朝鮮 泣いている女たち』 日本向けのセーターを作る収容所の帰国同胞

北朝鮮 泣いている女たち―价川女子刑務所の2000日 (ワニ文庫)』から収容所に入れられた帰国同胞がどういう扱いを受けていたのかを紹介します。

この价川刑務所には、帰国同胞がたくさん収容されていました。(※詳しくはこちら:刑務所にあふれかえる在日同胞

その人たちがどのように強制労働をさせられ、よりにもよって日本向けの商品の生産に従事させられていた。それを知らずして日朝国交正常化など夢のまた夢でしょう。 “『北朝鮮 泣いている女たち』 日本向けのセーターを作る収容所の帰国同胞” の続きを読む

しばき隊暴力事件(十三ベース事件)で李信恵氏を潰す朝鮮総連のやり口

ネット上でせっせと「しばき隊の暴力事件(十三ベース事件)」というのが拡散されています。正直関わるのはバカバカしいのですが、ほっておくとどこまでも増長するのでツッコミを入れておきたいと思います。

前日の投稿に続きでもあります。(関連記事:北朝鮮と朝鮮総連の偽装保守を使ったリベラル潰し

北朝鮮コミンテルンは、偽装保守を使ってこういう潰し方をよくやる、という良い事例でもあります。

暴力事件の件で、李信恵氏が関わっていた事実はない、と週刊実話でも訂正記事が出ています。

http://www.nihonjournal.jp/web/jituwa_201618/index.html

【お詫び】
 本誌2016年5月12・19合併号で掲載した『暴力事件を増加させそうな【自公提出】ヘイトスピーチ規制法案のザルっぷり』の記事中、2014年12月に起きた事件に「やよりジャーナリスト賞受賞ライター李信恵氏が加害者でかかわっていながら」とありますが、李信恵氏が「加害者でかかわって」いたという事実はなく誤りでした。李氏に深くお詫びし訂正致します。 編集部

こう出ているのに、関係していたという印象操作がバンバンされていますね。謝罪の手紙もありのままを受け入れれば、止めれなかった自分を責める内容で、別に問題ないように思えます。まぁ事実は裁判で明らかになるでしょう。 “しばき隊暴力事件(十三ベース事件)で李信恵氏を潰す朝鮮総連のやり口” の続きを読む

北朝鮮と朝鮮総連の偽装保守を使ったリベラル潰し

これぞ朝鮮総連!!と、感心するやり口をご紹介しましょう。

ツイッターまとめサイト『しばき隊リンチ事件と関西の大学教授』を読んでみてください。

普通に読んだら、関西大学の教授が暴力事件を起こしたように思えるよう、印象操作されています。この辺のやり口がチュチェ流の奥義と言えます。

出だしがこれ。

主水「疑ってません。」

金「答えてみぃ。ゴラ。かかってこい!かかってこいや!言ったんやろが俺のことを  やったらぁゴラ!かかってこんかい!このクソガキがゴラァ。かかってこい。やったるあぁ。やったるぁ。ゴラァ、かかってこい。どっちや!やんのかい!(4~6発殴る音)」

“北朝鮮と朝鮮総連の偽装保守を使ったリベラル潰し” の続きを読む

なぜ過ち認めない人がいるのか?『平気でうそをつく人たち』に答えがあった

北朝鮮の人間を家畜化する収容所問題、在日朝鮮人9万3千人の帰国事業という大量拉致、そしてその悪逆非道を行う暴君を愛する教育をしている朝鮮学校。

事実を知ればショックを受けて、改善のために行動を起こすのが当たり前だと思っていました。

しかし、ぶつかったのは「オールドタイプネトウヨ」というレッテル張りや、無視、他にも問題があるのだからそちらをやったらどうだ、というありえない反応でした。

特に朝鮮学校の子どもを守れ!と叫ぶわりに、北朝鮮と朝鮮総連に子供の未来が踏みにじられていることに一切怒らない人々の頑なな態度には愕然とさせられました。

最初、金でももらってるのかとも思いましたが、どうやらそうではなく、本当に正しいことをしていると思っているようです。ちょっと理解ができない思考回路だな、、、と疑問でしたが、その答えが『平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)』にあったので紹介します。

“なぜ過ち認めない人がいるのか?『平気でうそをつく人たち』に答えがあった” の続きを読む