北朝鮮と朝鮮総連の偽装保守を使ったリベラル潰し

これぞ朝鮮総連!!と、感心するやり口をご紹介しましょう。

ツイッターまとめサイト『しばき隊リンチ事件と関西の大学教授』を読んでみてください。

普通に読んだら、関西大学の教授が暴力事件を起こしたように思えるよう、印象操作されています。この辺のやり口がチュチェ流の奥義と言えます。

出だしがこれ。

主水「疑ってません。」

金「答えてみぃ。ゴラ。かかってこい!かかってこいや!言ったんやろが俺のことを  やったらぁゴラ!かかってこんかい!このクソガキがゴラァ。かかってこい。やったるあぁ。やったるぁ。ゴラァ、かかってこい。どっちや!やんのかい!(4~6発殴る音)」

“北朝鮮と朝鮮総連の偽装保守を使ったリベラル潰し”の続きを読む