朝鮮学校で洗脳教育が成功していることを証明する証言

在日総合誌『抗路』から、朝鮮学校で洗脳教育が成功していることを証明する証言を引用します。

ここで、二〇一四年六月に愛知朝高の高三生として朝鮮への「祖国訪問」をしたある男子生徒が綴った文を紹介しておこう。

「修学旅行では、観光名所をみてまわったり、姉妹校と交流をしたりしますが、それ以外に、朝鮮に親族がいる場合には、事前に申請して親族に会うことができます。僕は、朝鮮に訪問した際、祖父の弟にあたる人とその一家に会いました。スケジュールの合間をぬって何度か一緒に食事をしたり、一人では食べきれないほどのお弁当を作ってきてくれたり、僕の事をアボジ(父)とそっくりだと、二コニコ笑いながら色々な話をしました。その方は僕に『あっちで大変なことが無いか』『あっちの政府はまだ在日に弾圧を続けているのか?』『つらいと思うが踏ん張って支え合って生きていけ』と自分の生活より異国の地で暮らしている在日を心配して励ましてくれました。日本の僕たちのことも見守ってくれていて、こういう人たちに支えられて頑張れるんだと感じました。朝鮮から帰る時も、親族と別れるのが一番悲しかったです。朝鮮高校に通っていなければ、こんな体験はできなかったと思います。その時、僕は、この人達を安心させたい、元気な顔を見せたいと心の底から思いました。なので、僕は高校卒業後に進学して、ある技術をしっかり勉強して、朝鮮にいる親戚達に『もう在日を弾圧するような政権は無い』と安心させることが目標になりました。」(『ととり通信』12号)

 ここから読み取ることができるのは、日本社会で言われるように朝鮮訪問で「洗脳された」姿ではない。朝鮮学校の生徒たちにとって、朝鮮も他の国と同じように人が暮らす場であり、滞在中に、ともに食事をし、話しをし、笑い、泣いた人たちが暮らす場だとして認識しているのである。

抗路』 「朝鮮学校無償化裁判」が問うていること 山本かほり P98-99 

まさにこれこそ洗脳教育が大成功している証左でしょう。 “朝鮮学校で洗脳教育が成功していることを証明する証言” の続きを読む