小池百合子都知事の秘書に野田数氏が就任⇒従北左翼が大騒ぎ

あ~、これは日本の従北左翼の皆さんが大騒ぎするな、という人事発表がありました。

野田数氏の秘書就任。北朝鮮側としては悪夢の人事と言えます。東京都議時代、朝鮮大学校問題に取り組んでいた人です。

『拉致と真実』の5号と6号で、「自民党内に蠢く朝鮮総連派」という寄稿があります。

朝鮮総連や自民党内の親北派からしたら、これは困るだろうな~、という指摘をバンバン書いています。 “小池百合子都知事の秘書に野田数氏が就任⇒従北左翼が大騒ぎ” の続きを読む

朝鮮学校と北朝鮮の収容所、問題の構図は同じ

朝鮮学校と北朝鮮の収容所、問題の構図は同じです。残虐さが同じだと言っているのではなく、問題の仕組みが同じだということです。

「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」の機関誌である『光射せ!創刊号』で、長年収容所の廃絶のために取り組んでおられる、小川晴久先生がこのように書いています。

 広大な政治犯収容所(強制収容所)の存在、飢餓、脱北者の受難という三つの巨大な人権侵害領域と状況がありながら、北朝鮮の体制(金正日の体制)は崩壊しない。(中略)その理由は三つある。

 一つはソ連や東欧の社会の社会主義とちがう北朝鮮の極度の閉鎖性と、本人だけでなく家族ぐるみの生命を手玉にとる稠密な全体主義抑圧体制、

 二つめは中国や韓国、日本の左翼や人権派の支援である。

 三つめは、最近の六カ国協議の動向で、北に核放棄させるため北の体制を保障しようという方向に進んでいる要因である。

 第一の要因はハンナ・アレントによって解明された全体主義体制の分析で十分であるが、それにアジア的な要素(連座制や忠誠性)を加味した、より残忍さを増したものとして把えることができる。一言でいえば地獄のような山の中の強制収容所に、本人だけでなく血のつながりのある家族ぐるみを送り、生命をとる恐怖のため、内部の力だけでは崩せない、体制である。
 外部の力がなければ崩せない体制であるのに、外部の力が、崩すのではなく、その体制を崩れないように援助しているのが、第二の要因である。世界史の中で一番醜悪な非人間的抑圧体制を支えているのが、中国、韓国、日本の左翼であるのが特徴である(とくに韓国と日本では人権派が加わっている)。史上で最悪な北朝鮮の人権抑圧体制は一刻も早く崩れなければいけないのに、それを支えているのは左翼や人権派であるという悲劇。そして左翼や人権派は北朝鮮の人権抑圧体制に目を開こうとしない現実。

 そして第三の最近の六力国協議による北の体制維持の動き。

『光射せ!創刊号(2007年12月)』 P53-54

朝鮮学校問題が解決しない構図もまさに同じです。 “朝鮮学校と北朝鮮の収容所、問題の構図は同じ” の続きを読む