北朝鮮プロパガンダ映画、伝説の「月尾島」防御戦闘

先日、『北朝鮮の全貌シリーズ 月尾島 [DVD]』を見ました。

北朝鮮の歴史を学ぶと、マッカーサーの仁川上陸作戦に対する対抗プロパガンダがこの「月尾島」防御戦闘であることに気づきます。

釜山以外占領された絶望的な状況を一気にひっくり返したのが、マッカーサーの仁川上陸作戦ですが、きっと悔しいのでしょう、北朝鮮では超少数の革命烈士たちが決死の戦闘で上陸を遅らせたという歴史プロパガンダで留飲を下げているようです。

李デフン中隊長が海岸砲中隊を率いて、「4門の大砲と数十丁の狙撃兵器で、駆逐艦3隻を含む各種艦船13隻を沈めた」という伝説の戦いになっています。

この月尾島戦闘は、バッチリ神格化されています。

ちなみに朝鮮学校の教科書にもしっかりと書かれています。

(※『現代朝鮮歴史 高級1』 P85-86) “北朝鮮プロパガンダ映画、伝説の「月尾島」防御戦闘” の続きを読む