「昔の日本人はめっちゃ素晴らしい論」はありえない

今までの反動なのか、昔の日本人に妙な幻想を抱いている方々が増えているように思えます。

はっきり言って非常に恥ずかしいのでやめてほしい。

この辺は『大韓民国の物語』のまえがきで、韓国に対する鄭大均教授の指摘と同じ感想を日本の保守に対して抱いてしまいます。

日本統治の問題であれ、分断の問題であれ、韓国には多様な意見があるが、日本にこれまで紹介されてきたのは前述の民族ナショナリズムの系譜にある人々のもので、北朝鮮についても日本についても異口同音の内容が多すぎた。姜萬吉や宋建鎬や崔章集や池明観といった面々の著作がそれである。

といっても、保守派の側にいい作品があるというわけではない。これは保守派のみの傾向というわけではないが、韓国人による韓国論にしばしば見てとれるのは独特のナルシシズムで、それは韓国の外で自己形成をしたものには、韓国人に対する敬意をむしろ減退させてしまうものである。韓国には特別な受難の歴史があり、韓国人には特別な道徳心や知性があるなどという発想は、半島の外に住む人間に通用するわけがない。本書はおおまかにいえばその保守派、つまり反共ナショナリズムの系譜から生まれた本といえるが、そのマンネリズムの産物というよりは、刷新の産物であって、韓国保守派の歴史において画期的な意味をもつ本である。

(※鄭大均・首都大学東京教授のまえがきより)

大韓民国の物語』 李榮薫著 P5-6

この本は「横暴な民族主義」が幅をきかせてある韓国で、李榮薫教授が「人民裁判式」のリンチを受けるリスクを覚悟の上で書かれたかなり素晴らしい著書です。興味のある方はぜひご一読ください。

個人的に、日本の歴史書で一番お勧めなのは故・岡田英弘先生の著書で、韓国なら李榮薫教授の本ですね。二人とも、「歴史とは何か?」という命題に自分の答えを出して、定義しています。こういう人たちこそが、本当の知識人と言えると思います。 “「昔の日本人はめっちゃ素晴らしい論」はありえない” の続きを読む