『光射せ!第4号』 収容所から戻った在日朝鮮人の指

北朝鮮が「在日の歴史」から徹底して消し去ろうとしているのが、北朝鮮へ北送され、収容所送りとなった数万人の在日朝鮮人の末路でしょう。

これを徹底的に隠蔽しているからこそ、今の朝鮮学校の教育が維持できていると言えます。

ヘイトスピーチや差別があるから朝鮮学校が変われないと言う主張も耳にしますが、もしその論理が成り立つなら、北朝鮮や朝鮮総連はネット上で差別を作りだすでしょう。

裏で右翼に金を流して、排外デモもやらせるでしょう。

そうすれば北の暴君にとって都合の良い教育内容を維持できるわけですから。

別に陰謀論でもなんでもなく、自明の理というやつです。普通に考えれば分かることです。 “『光射せ!第4号』 収容所から戻った在日朝鮮人の指”の続きを読む