井筒和幸監督は北朝鮮の広報なのか?

在日三世でもある浅川晃広先生の著書、『「在日」論の嘘―贖罪の呪縛を解く』で、井筒和幸監督の「パッチギ!」について、無視できない指摘をしています。

目次だけ見ても、ありえなさがうかがえます。

第四章 無知は罪なり
北朝鮮の本質を隠蔽する井筒和幸の「パッチギ!」

テーマソングは発売中止曲「イムジン河」 90
在日朝鮮人を「異質化集団」とする虚構 93
「在日」の四割は朝鮮語を喋れない 95
「異質化」のための作業 97
「北朝鮮」の教育が行われる朝鮮学校 99
北朝鮮への〝帰国〟を能天気に描く 102
事実を隠蔽し、観客をミスリード 104
朝鮮総連の協力で成立した映画 106
井筒は北朝鮮の〝共犯者〟か 109
「無知は罪なり」を自ら反省せよ 112

特に無視できないのは、「朝鮮総連の協力で成立した映画」という指摘と、「井筒は北朝鮮の〝共犯者〟か」という批判でしょう。 “井筒和幸監督は北朝鮮の広報なのか?”の続きを読む