安倍首相の親韓外交を評価しない人々は北朝鮮の手先なのか?

めでたく日韓スワップが締結されましたが、影の立役者はバイデン米副大統領であり、安倍総理だったようです。

米副大統領「日韓首脳の仲取り持った」
米誌に語る

【ワシントン=川合智之】バイデン米副大統領は26日付の米誌アトランティック(電子版)のインタビューで、安倍晋三首相の依頼を受けて韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領との間を取り持ったと述べた。従軍慰安婦問題を巡る昨年12月の日韓合意に向けた首脳会談への地ならしをしたとみられる。

バイデン氏は「安倍首相と会談したときに『朴氏とのことを助けてくれませんか』と言われた」と明かした。これを受け朴氏に電話し、首相の意向を伝えたという。「(日韓)合意の交渉はしていないが、2人とは個人的関係があり信頼があった」として「結婚生活を元に戻す調停委員の役割を担った」と話した。

安倍首相と朴氏は2015年11月にソウルで初めて会談。同年末に元慰安婦の支援などで合意した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM27H1C_X20C16A8NNE000/

“安倍首相の親韓外交を評価しない人々は北朝鮮の手先なのか?”の続きを読む