北朝鮮史観では韓国は米帝支配71年目

朝鮮中央通信によると、韓国は米帝植民地体制71年目だそうです。

朝鮮の各紙 米軍の南朝鮮占領は民族的不幸と苦痛の禍根

【平壌9月8日発朝鮮中央通信】8日付の朝鮮の各中央紙は米帝侵略軍が南朝鮮を占領した時から71年になったことに関連して掲載した署名入りの記事で、米国の南朝鮮占領は自主的発展に対するわが民族の志向と権利を無残に踏みにじった許せない犯罪行為だと糾弾した。

「労働新聞」は論説で、米国の南朝鮮占領史は人民にあらゆる不幸と苦痛を与えた災難の歴史、わが民族の統一を阻んで朝鮮半島の平和を甚だしく脅かしてきた罪悪の歴史だとした。

同紙は、「解放者」の仮面をかぶって南朝鮮に入った米帝侵略軍の罪悪の歴史を振り返ってわが同胞は、米国こそ朝鮮民族に千秋の恨みを残した百年来の敵、不倶戴天の敵だということを再び骨身にしみるほど痛感しているとし、次のように指摘した。

にもかかわらず、朴槿恵逆賊一味は米国を神頼みにしていわゆる「同盟強化」を念仏のように唱えるかとすれば、米帝侵略軍の永久占領を哀願し、戦時作戦統制権転換を無期限延期する間抜けな妄動を働いた。

特に憎らしいのは、朴槿恵一味が民族を守り、朝鮮半島の平和と安定を守る同族の自衛的核抑止力をいわゆる「脅威」だと悪らつに言い掛かりをつけて、南朝鮮に米帝侵略軍の高高度迎撃ミサイルシステム(「THAAD」)を引き込もうと狂奔しているのである。

今、民心の糾弾、排撃を受けて極度の統治危機に瀕した朴槿恵一味は米国上司にさらにすがりついている。

かいらい保守一味の親米事大・売国行為に終止符を打ち、南朝鮮から米帝侵略軍を撤退させるのは先送りすることのできない差し迫った時代的課題である。

「民主朝鮮」紙は、北・南・海外の全同胞は米帝の南朝鮮占領にピリオドを打つための民族挙げての闘争をいっそう力強く展開することによって外部勢力を追い出し、わが民族同士が力を合わせて自主統一を必ず成し遂げていくだろうと強調した。

http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf#this』 2016.09.08の記事

何もかもが理解できない。

要は、「アメリカが何もかも悪い。俺は悪くない」式のガキのたわごとですね。 “北朝鮮史観では韓国は米帝支配71年目” の続きを読む