北朝鮮創作『余命三年時事日記 外患誘致罪』の世論誘導

典型的な従北偽装保守である「余命三年時事日記」がまた面白い本を出していました。

立ち読みですが、まぁ見事に韓国叩き、民団叩きの本でしたね。

だいたい外患誘致うんぬんを語るなら、朝鮮総連こそこれでもかと取り上げなければ嘘でしょう。

きれいに北朝鮮コミンテルンの暗躍が消されています。戦後、もっとも日本に工作を仕掛けてきたのは北朝鮮です。『戦後の外事事件―スパイ・拉致・不正輸出』で、50を越えるスパイ事件が取り上げれています。(※目次はこちら

はっきりいって韓国を警戒する暇があるなら、北朝鮮を100倍は警戒した方が良いでしょう。なのに『余命三年時事日記 外患誘致罪』では、韓国の対馬侵略に備えろだとか馬鹿なことを書き散らかしています。

安倍首相と朴槿恵大統領の対北外交が効いているようですね。日韓連携を阻止すべく、書き方が露骨になってきました。かなり必死な感じです。余命プロジェクトチームと仲良しの元在特会会長の桜井誠も安倍批判やりだしてますしね。 “北朝鮮創作『余命三年時事日記 外患誘致罪』の世論誘導” の続きを読む