朝鮮学校を擁護する本 ~知っていますか朝鮮学校~

まず、著者が朝鮮大学の教授です。この時点で意味が分かりません。

よく左翼の方々が、原発擁護する人達に、専門家として敬意を払うのではなく、原発の専門家が原発を擁護するのは、犯罪者に犯罪者を擁護させるようなものである!という主張をするのを見かけますが、朝鮮学校では同じ論理で非難しないようです。

朝鮮大学の教授が朝鮮学校を擁護しなかったら驚きますよね。

都合の悪いことは徹底的に隠すでしょう。

元朝鮮学校で教員をされていた方も、このブックレットは補助金目的で良い面ばかりを強調するもの、と指摘しています。

1分30秒ごろから岩波のブックレットの問題について触れています。ご興味あればぜひご覧ください。

それでは『知っていますか、朝鮮学校 (岩波ブックレット)』色々と突っ込みを入れていきたいと思います。 “朝鮮学校を擁護する本 ~知っていますか朝鮮学校~”の続きを読む

『北朝鮮泣いている女たち』 人間モーターとして働かされる囚人

脱北者の手記で、個人的に3大黒書の一つと思っている『北朝鮮 泣いている女たち―价川女子刑務所の2000日 (ワニ文庫)』から、電力の無い状態で収容所の囚人が酷使されている様子を紹介します。

この残酷な仕打ちを、他でもない北送された在日朝鮮人も受けていたわけです。その事実を隠蔽し、在日同胞を虐殺した加害者を愛する教育をしている朝鮮学校は、とてもとても罪深いと言えます。 “『北朝鮮泣いている女たち』 人間モーターとして働かされる囚人”の続きを読む

嫌韓扇動という形を変えた北の対日工作とそれに加担する北朝鮮専門家

拓殖大学大学院特任教授の武貞秀士(たけさだ・ひでし)氏。実にタチの悪い親北人士と言えます。

以前に『武貞秀士氏の「親日の北朝鮮、反日の韓国」というありえない主張』という投稿で、いかに北の情勢認識を歪める言論を拡散しているかを指摘しました。

またまた気になる記事があったので、引用します。 “嫌韓扇動という形を変えた北の対日工作とそれに加担する北朝鮮専門家”の続きを読む

株式会社全体主義 社内の右翼部門と左翼部門の祭り

週刊新潮2016年12月1日号で面白い記事が出ていました。

反天皇制デモを行う左翼と、それを襲撃する右翼。まぁ香ばしい。

お互い予定調整して大集合。

みんなで大暴れしてメディアに取り上げられる。

いつも通りの、プロ市民の、プロ市民による、プロ市民のためにデモですね。 “株式会社全体主義 社内の右翼部門と左翼部門の祭り”の続きを読む

右翼団体に入り込む総連系在日

浅田先生の著書『「在日」論の嘘―贖罪の呪縛を解く』で、北の広報映画ではないかと非難されている『パッチギ』に、朝鮮学校に関する情報を提供をした李鳳宇さんの著書を読むと、色々つっこみどころが満載で面白いです。

その本はこれ。

民族でも国家でもなく、という割にはいまだに親北人士養成教育をやり続けている朝鮮学校をえらく擁護しますし、北朝鮮の常軌を逸した朝鮮人殺戮にはだんまりです。他でもない在日一世や二世が万単位で動物以下に貶められて殺されたのに、現状の朝鮮学校の教育に怒りを感じない神経が信じがたい。

ツッコミどころ満載の記述を紹介しましょう。 “右翼団体に入り込む総連系在日”の続きを読む