『北朝鮮脱出 地獄の政治犯収容所』 平土(ピョンド)にされる虫けら以下の子供の命

この本は、強制収容所から脱出した方の手記です。ここでは、強制収容所内での子供達がどれだけ残酷な目にあっているかが書かれています。この強制収容所の実態を知らずに、北朝鮮は語れないでしょう。

70年代、80年代に日本のリベラルたち(徐君兄弟を守る会の面々)は、「統一のために韓国の軍事独裁を清算し民主化を成し遂げよう!」とスローガンを掲げ、韓国の政治犯収容所に収監された在日韓国人スパイの救出運動を繰り広げました。

おかげ様で韓国の防諜体制は骨抜きにされました。

その人たちは、その後何をやっているのか?

慰安婦問題、反原発、関東大震災の朝鮮人殺戮、沖縄の米軍撤退運動、憲法9条護憲運動、そういうった活動です。

どう考えても「統一のため」に何をすべきかと問われれば、北朝鮮の政治犯収容所の廃絶運動のはずです。しょせんは韓国の政治犯釈放運動というお綺麗な看板を掲げて、韓国の「国家保安法」の廃絶という北朝鮮の戦略目標達成のための手先になった人たちと言えます。

違うというなら北朝鮮の政治犯収容所で子供たちがどのように殺され、墓もなく、祈りもなく、ただ埋められ、そして忘却されていることに対して、己が何をすべきか良心に問いかけるべきでしょう。
“『北朝鮮脱出 地獄の政治犯収容所』 平土(ピョンド)にされる虫けら以下の子供の命” の続きを読む