『北朝鮮 絶望収容所』 引きずり出され、踏み殺された嬰児

北朝鮮を語る上で、絶対に知らなければならないのが強制収容所の実態です。これを日本全体で共有しない限り、日朝国交正常化はありえません。

隣人に例えるなら、子供を虐待し、常時飢餓の状態に置き、死ぬまでこき使い、死んだら庭に埋め、隣人に子供はどうしたのか?と聞かれたら、自分たちに子供はいないとすっとぼけて存在そのものを抹消しようとするような隣人です。

無条件に日朝国交正常化を求める人は、そんな狂人と仲良くご近所づきあいをしましょうと言っているに等しい暴論だと言えます。

ナチスドイツのホロコーストなどかすむほどの残虐非道を朝鮮人に何十年にも渡って行っているのが北の暴君です。

その人権蹂躙ををやめ、反省してくれない限り日朝国交正常化など不可能です。恐ろしくて付き合えません。

ぜひ次の脱北者の証言を読んで戦慄していただきたいです。

“『北朝鮮 絶望収容所』 引きずり出され、踏み殺された嬰児” の続きを読む