トランプ現象が韓国でも起きないものか?

趙甲濟ドットコムの記事の面白い論稿が統一日報のブログに翻訳されていたので一部引用します。

‘沈黙している多数’の怒りを爆発させたトランプの保守ポピュリズムが、韓国政界にも適用できる潜在的な要因は多い。

李承晩の反共自由民主主義路線、朴正煕の祖国近代化路線を最後に1980年代以降、民主主義と民族主義を標榜した左派的ポピュリズムが韓国社会を圧倒してきた。

民族、民主、民衆、平和、平等、福祉、和解、二極化、1対99、ヘル(Hell)朝鮮などの扇動的の用語らが‘反共’を事実上の禁止語にし‘愛国’を嘲笑の対象に、‘国家’や‘建国’を忌避語にして韓国人の精神世界を支配した。

左派が掲げた民族主義は、その内容上‘人種主義’に近く、民主主義は社会主義に類似するが、‘民族’と‘民主’という言葉を偶像崇拝する雰囲気を利用して常識的な国民たちを沈黙させた。

この‘沈黙している多数’も、米国の白人のように不満が澎湃としている。表出できないため不満は蓄積されその分爆発性も高い。

韓国にも‘沈黙している多数’の憤怒が溜まって大爆発を待っている

トランプ現象が韓国でも起きれば良いのですが、どうなんでしょう? “トランプ現象が韓国でも起きないものか?”の続きを読む