日韓に対する北朝鮮のサイバー心理戦

北朝鮮のサイバー心理戦に関する記事。

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が韓国担当組織にサイバー宣伝活動を行う専門チームを設置し、「第4世代戦争」といわれるサイバー心理戦を強化していることが24日、分かった。

韓国政府関係者は「北は軍偵察総局、党の統一戦線部文化交流局、朝鮮6・15編集社など(韓国担当)組織で、韓国のポータルサイトに掲載されたデマやうわさ話をインターネットや会員制交流サイト(SNS)に流す専門チームを運営している」と伝えた。

(中略)

高麗大北朝鮮学科の南成旭(ナム・ソンウク)教授は北朝鮮のサイバー心理戦について、「過去のようにスパイを送り込んで工作を行うことは徐々に難しくなっている。費用がかかり、副作用もある」と指摘。「そのため、サイバーという目に見えない戦争を始め、効果もあった。費用もかからず、接近も容易だ」と説明した。

北朝鮮 サイバー心理戦に本腰=ネット書き込みチームも

“日韓に対する北朝鮮のサイバー心理戦”の続きを読む