同窓生を使って友人を詐欺にかける朝鮮新報

いまだに元帥様への忠誠があふれている朝鮮新報ですが、いかにろくでもないメディアなのかよくわかる記述があったので紹介しておきます。

私は一九八五年の平壌公演の後、日本で朝鮮総連の機関紙である「朝鮮新報」の取材を受けたことを思い出していた。

取材に現れた記者は、私の高校時代の同期生だった。

インタビューをする記者が同期生ということもあって私は、記事にする前に内容をチェックするという約束で取材を受け入れた。初めての北朝鮮での公演について、私は正直に感想を述べた。

しかし、事前連絡もないまま新聞に掲載された記事を見て、私は驚愕した。

私の写真と平壌公演を紹介する記事には、私が話したこととは全く違う内容が載っていたのだ。記事は私か「偉大な首領金日成主席と親愛なる指導者金正日同志に忠誠を誓う」という内容になっていた。それだけでなく内容的に全くの捏造と言えるものだった。

記者に文句を言ったが、「ミアナムニダ(すみません)」と笑っているだけだった。怒りが込み上げてきたが、後の祭りだった。

海峡のアリア』 P140-141

同級生を使って警戒心を解き、あたりまえのように大嘘の捏造記事を書いて、「どうもすみせん、てへっ」で済ませるのが朝鮮新報です。

さすがは、人間を高射砲でひき肉にする相手に朝鮮学校の子供の命を預け、その狂人を褒め称えさせるという蛮行を素晴らしいことだと平気で書くだけあります。

良心が腐っているのでしょう。同級生を陥れることも平気でやりますよね。 “同窓生を使って友人を詐欺にかける朝鮮新報” の続きを読む