『北朝鮮泣いている女たち』 人間モーターとして働かされる囚人

脱北者の手記で、個人的に3大黒書の一つと思っている『北朝鮮 泣いている女たち―价川女子刑務所の2000日 (ワニ文庫)』から、電力の無い状態で収容所の囚人が酷使されている様子を紹介します。

この残酷な仕打ちを、他でもない北送された在日朝鮮人も受けていたわけです。その事実を隠蔽し、在日同胞を虐殺した加害者を愛する教育をしている朝鮮学校は、とてもとても罪深いと言えます。 “『北朝鮮泣いている女たち』 人間モーターとして働かされる囚人”の続きを読む