ネット世論は北朝鮮コミンテルンの独壇場 その13 ~脱北者の信憑性を貶める~

従北アカウントがまたまた絡んできたのでやり取りを紹介しておきます。

従北工作員かどうかは証明のしようがないですが、まともな日本人ならまず言わないことがてんこ盛りです。

ガチ工作員か、北と朝鮮総連による嫌韓&反在日扇動にうまく乗せられているおバカさんかのどちらかでしょう。 “ネット世論は北朝鮮コミンテルンの独壇場 その13 ~脱北者の信憑性を貶める~”の続きを読む

『金日成のパレード』 崔洋一と梁泰昊の論争

2014年の『金日成のパレード』の放映にあたりサイトで、崔洋一監督と梁泰昊(ヤン・テホ)氏とのやり取りが紹介されています。

<崔洋一×梁泰昊 論争>

これぞ北朝鮮と朝鮮総連が長年かけて継続してきた、あくなき歴史洗脳プレセスによって作り上げた、典型的な在日知識人の思考回路だな~とため息が出たので紹介しておきます。 “『金日成のパレード』 崔洋一と梁泰昊の論争”の続きを読む

とても聞いてられない平壌滞在中の子供たちの声

ソルマジ公演のために平壌に滞在中の朝鮮学校の子供たちの声が紹介されていました。

はっきり言って、目を閉じたくなる内容。

肌で感じた祖国の愛/第30回在日朝鮮学生少年芸術団

“とても聞いてられない平壌滞在中の子供たちの声”の続きを読む

危険な隠れ従北の北朝鮮専門家たち

映画会の隠れ従北の在日映画監督が李鳳宇氏なら、北朝鮮専門家として情報コントロールの任務に従事しているのが日本デイリーNK編集長の高英起氏や李策氏、アジアン・プレスネットワークの北朝鮮専門家、石丸次郎氏と言えます。

いくつかありえないな~と思った過去のツイートを紹介しておきます。 “危険な隠れ従北の北朝鮮専門家たち”の続きを読む

『クロッシング』を闇に葬ろうとした李鳳宇(リ・ボンウ)氏

映画クロッシングを闇に葬ろうとした李鳳宇氏を告発する記事があったので一部紹介しておきます。

以前、李鳳宇(リ・ボンウ)氏の朝鮮学校に対する姿勢を批判しましたが、この時は総連系のアウトサイダーで、成功した在日の映画監督くらい思っていました。(関連投稿:右翼団体に入り込む総連系在日

その認識はこれを読めば吹き飛びます。

アジア映画社代表取締役の朴炳陽氏が、映画『クロッシング [DVD]』を闇に葬ろうとした李鳳宇氏について、彼の北朝鮮の手先と言っても良い数々の行動を告発していました。

あまりの従北っぷりにひっくり返りそうになること請け合いです。 “『クロッシング』を闇に葬ろうとした李鳳宇(リ・ボンウ)氏”の続きを読む