朝日新聞の従北史「帰還事業20年を自画自賛」

「在日」論の嘘―贖罪の呪縛を解く』にも取り上げられた、朝日が実態が知られるようになった後も徹頭徹尾北朝鮮側に立って記事を書いていたことを証明する、「北朝鮮帰還二十年」という記事を読んでみました。

1979年12月17日(夕刊)の記事ですが、帰還事業の開始3年で希望者が急減し、全然話と違うということが帰国者から手紙で知らされていたにも関わらず、そういう事実を無視して絶賛できるのが朝日の凄いところです。それも20年後です。

この辺の朝日の悔い改めない姿勢は筋金入りです。

“朝日新聞の従北史「帰還事業20年を自画自賛」”の続きを読む