2017-02

蒲生日記

トランプはレーガンとなるか?それともカーターとなるか?

以前、『トランプ大統領誕生で誰が一番困るか?』に、「トランプ大統領誕生で一番大変なのは官僚だろう」と書きました。まさにその通りのことが起きているようです。リーク合戦がそれを象徴していますね。今のところバノン叩きがヒートアップしているようです...
従北情報

朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その4(最終)

前日の『朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その3』の続きです。この訴訟の本質は、「ろくでもない慰安婦支援団体の実態を暴露していること」でしょう。なぜか慰安婦そのものの存在を否定しようとしたり、法治を無視する一部のカル...
北朝鮮情勢

「人権」について論ずる資格があるのか 朝鮮中央通信社論評

【平壌2月9日発朝鮮中央通信】南朝鮮のかいらい一味が年頭から「人権問題」を反共和国対決のカードに持ち出して暴威を振るっている。「北の人権状況の深刻さ」だの、何のと言っていわゆる「人権実態調査」に着手したのに続き、「北の人権増進」の方向を論議...
従北情報

ツッコミどころ満載『朝鮮国際問題研究院が日本の劣悪な人権実状を暴露』

北朝鮮の盛大なブーメラン記事がありました。日本の劣悪な人権状態が、北の国際問題研究所で告発されたそうです。デイリーNKジャパンでも紹介されてましたが、全文載せないことに従北バイアスがかかているな~と感じてしまいます(参考:『北朝鮮の研究所「...
従北情報

朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その3

前日の『朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その2』の続きです。詳しく追ってなかったですが、韓国の慰安婦支援団体はかなり異常です。平気で被害者の証言を自分たちの都合の良いように歪曲し、被害者たちの口を封じ、直接接触して...
従北情報

朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その2

先日書いた『朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その1』の続きです。どうやら支援団体は、強制連行説に懐疑的だった慰安婦の声を徹底して口封じしていたようです。せっかく日韓断交のために作り上げたイメージを壊されては、北の将...
従北情報

朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その1

朴裕河教授の著書『帝国の慰安婦 植民地支配と記憶の闘い』に対して、挺対協が刑事訴訟起こした件で、ハフィントンポストにアップされている最終陳述が凄いです。今更ですがこれに触れたいと思います。慰安婦おばあさんを食い物にする支援団体が、なぜ過剰に...
従北情報

金正男暗殺後に「後継者問題は解決した」と豪語する北朝鮮

父親(=金正日)の生誕75年記念を祝う中央報告大会で「後継者問題は完璧に解決した」と報告される。金正男暗殺後にこう言える神経が信じがたい。北朝鮮の金正恩委員長が出席した故・金正日総書記の誕生日を祝う中央報告大会で「金総書記の後継問題が解決し...
蒲生日記

李在明の当選確率

韓国のトランプと言われている李在明氏。当選確率は0%だそうです。崔碩栄さんいわく、李在明は韓国のドゥテルテで当選確率は0%。一安心です。はっきり言って、李在明の言っていることを本当にやったら韓国の経済は崩壊します。日本で東芝、日立、三菱、三...
従北情報

光明星節慶祝在日朝鮮人芸術団の公演

今年も在日朝鮮人芸術団(=金剛山歌劇団)の人民俳優たちが、忠誠の公演に平壌へ渡航しているようです。日本の渡航禁止措置はどうなっているのか?【平壌2月14日発朝鮮中央通信】光明星節(金正日総書記の誕生日)慶祝在日朝鮮人芸術団の音楽舞踊総合公演...
タイトルとURLをコピーしました