光明星節慶祝在日朝鮮人芸術団の公演

今年も在日朝鮮人芸術団(=金剛山歌劇団)の人民俳優たちが、忠誠の公演に平壌へ渡航しているようです。日本の渡航禁止措置はどうなっているのか?

【平壌2月14日発朝鮮中央通信】

光明星節(金正日総書記の誕生日)慶祝在日朝鮮人芸術団の音楽舞踊総合公演「太陽の懐にああ、行きたい」が14日、平壌大劇場で行われた。

同芸術団は、金正日総書記を白頭山大国の永遠の太陽に千年、万年高く仰ぎ、最高指導者金正恩元帥の指導に従って愛族・愛国の一路を変わることなく歩むという総聯(朝鮮総聯)の活動家と在日同胞の衷情の心を込めた多彩なレパートリーを舞台に上げた。

偉人称賛の熱気を増した公演は、高い思想性・芸術性によって観客の絶賛を博した。

関係者、市民が公演を鑑賞した。公演は、続く。

http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf#this
記事タイトル:「광명성절경축 재일조선인예술단 첫 공연 진행」

将来、北朝鮮国民が自由を勝ち取ったとき、この人たちはさぞ恨まれることでしょう。

自由な日本に住んでいながら、自由をはく奪された朝鮮同胞のためには何もせず、弾圧している当事者と結託し、貧困に苦しんでいる自分たちの横でうまいもの食べて、加害者を称賛する公演をしているわけですから。

本当に信じがたい感性です。 “光明星節慶祝在日朝鮮人芸術団の公演”の続きを読む