金正男暗殺後に「後継者問題は解決した」と豪語する北朝鮮

父親(=金正日)の生誕75年記念を祝う中央報告大会で「後継者問題は完璧に解決した」と報告される。

金正男暗殺後にこう言える神経が信じがたい。

北朝鮮の金正恩委員長が出席した故・金正日総書記の誕生日を祝う中央報告大会で「金総書記の後継問題が解決した」と報告がされました。

朝鮮中央通信によりますと、金総書記の誕生75周年を祝う中央報告大会で、金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長は「金総書記の指導の継承問題を完璧に解決したのは千年、万年の未来とともに末永く輝く最も貴い業績だ」と強調しました。また、12日に発射実験した新型弾道ミサイルに言及し、「民族最大の祝日である金総書記の誕生日を輝かしく飾った」と話し、金委員長の指導のもと「アメリカの対北朝鮮敵視政策を断固、粉砕しよう」と呼び掛けました。

金正日総書記生誕75年「後継問題が解決した」と報告

金正男を北朝鮮が暗殺したかはまだはっきりしませんが、暗殺後に「後継者問題は完璧に解決」「千年、万年輝く貴い業績」と言ってのけるのが凄まじい。

もし本当に暗殺したのだとしたら、中国が水面下で金正男にトップをすげかえる動きをしていたのでしょうか?

金正男本人にはやる気がないですから、そういう可能性は低いと思っていました。ただ、金正恩からしたらどんな小さな可能性でも、可能性がある、というだけで暗殺する動機としては十分な気はします。

というかやってないなら世界中に広がっている北の工作員説に反論すべきでしょう。

沈黙している時点で疑惑がどんどんふくらんでしまいます。