朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その2

先日書いた『朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その1』の続きです。

どうやら支援団体は、強制連行説に懐疑的だった慰安婦の声を徹底して口封じしていたようです。せっかく日韓断交のために作り上げたイメージを壊されては、北の将軍様が困るから、ご主人様のために全体主義のごとく言論統制をしていたのでしょう。

6ヶ月間にわたる通話記録ですので、長いですが、参考資料として提出したペ・チュニさんの録音記録を読んでいただきたくお願いします(参考資料77)。私と電話で話す時、ペさんが何度も、スタッフが隠れて聞いていないかを確認し、気にしている様子も確認できるはずです。

「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述1

う~ん、凄い。スタッフに隠れてビクビクしながら話す。北朝鮮への祖国訪問で親族に面会した在日朝鮮人の話しと一緒です。

支援団体のスタッフからすると、こういう慰安婦が外で好きにしゃべられたら困るでしょう。

ナヌムの家とは、気の毒な被害者の言動を管理統制するための軟禁所らしい。 “朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その2”の続きを読む