朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その3

前日の『朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その2』の続きです。

詳しく追ってなかったですが、韓国の慰安婦支援団体はかなり異常です。

平気で被害者の証言を自分たちの都合の良いように歪曲し、被害者たちの口を封じ、直接接触して闇に葬られようとしている証言を世に出した研究者を告訴して言論弾圧。

さすがは従北団体です。 “朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その3”の続きを読む