朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その4(最終)

前日の『朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その3』の続きです。

この訴訟の本質は、「ろくでもない慰安婦支援団体の実態を暴露していること」でしょう。

なぜか慰安婦そのものの存在を否定しようとしたり、法治を無視する一部のカルト団体が韓国全体のことであるかのように誤認識させたりして、問題解決を断固阻止しようとする言論が多々あります。

共通点は北シンパ、目的は日韓断交。

90年代、この慰安婦問題が炎上しだした理由は、脱北者の証言で収容所はじめ、北の人権弾圧の実態が明らかになってきたからでしょう。

「収容所なんてない!」と証明することは無理でも、済州島4・3事件とか、植民地支配とか、日韓の過去を持ち出して、お前たちも昔は同じようなことしてただろ!まずはお前が謝れ!!という論理で、己の罪をごまかすことはできます。

そうやって北の手のひらで踊らされてきた結果が、今の日韓慰安婦問題の源泉と言えます。まぁもちろんそれだけじゃないですが、一回言っちゃったから引っ込みつかないという保身と、それで食ってる人がいるから問題解決したら失業しちゃうという金銭的理由も多分にあります。

そういうのをうまくコントロールしながら、北にとって都合の良い結果になるよう、国家資源を全力投入して工作仕掛けてきているのが北の暴君です。

なんでもかんでも北の陰謀論にする気はないですが、実際に問題をこじらせるべく暗躍しているのは確かですから、そやつらの存在には大いに注目して騙されないよう十二分に注意すべきです。

それでは陳述書の続きです。
“朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その4(最終)”の続きを読む