トランプはレーガンとなるか?それともカーターとなるか?

以前、『トランプ大統領誕生で誰が一番困るか?』に、「トランプ大統領誕生で一番大変なのは官僚だろう」と書きました。まさにその通りのことが起きているようです。リーク合戦がそれを象徴していますね。

今のところバノン叩きがヒートアップしているようです。実際にトランプ大統領への影響は微妙だろうと個人的には思っています。

似たような話しが日本と韓国でもありますね。

<韓国>
(扇動)チェ・スンシルが朴大統領を好きなように操っている ⇒ (実態)一意見程度

<日本>
(扇動)日本会議の極右が安倍総理をコントロールしている ⇒ (実態)票になるからリップサービスしてるだけ、憲法改正したら用無し

トランプ大統領も、選挙戦に協力してくれたからバノンを優遇しているのでしょうが、この人は早く辞めさせるか、もっと害のないポジションに退いてもらうかしないと色々めんどうなことになりそうです。

先週のニューズ・ウィークにバノン特集が出ていましたが、愛国掲げてやろうとしていることは共産主義革命そのものです。

こんなやつが好き勝手アメリカの政治に影響力発揮しだしたら迷走すること間違いなしです。小国の迷走ならほっときゃいいですが、世界大国が迷走されたら、周辺国に被害が拡散されるのが困ったところ。悩ましいかぎりです。
“トランプはレーガンとなるか?それともカーターとなるか?”の続きを読む