朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その3

前日の『朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その2』の続きです。

詳しく追ってなかったですが、韓国の慰安婦支援団体はかなり異常です。

平気で被害者の証言を自分たちの都合の良いように歪曲し、被害者たちの口を封じ、直接接触して闇に葬られようとしている証言を世に出した研究者を告訴して言論弾圧。

さすがは従北団体です。 “朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その3” の続きを読む

朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その2

先日書いた『朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その1』の続きです。

どうやら支援団体は、強制連行説に懐疑的だった慰安婦の声を徹底して口封じしていたようです。せっかく日韓断交のために作り上げたイメージを壊されては、北の将軍様が困るから、ご主人様のために全体主義のごとく言論統制をしていたのでしょう。

6ヶ月間にわたる通話記録ですので、長いですが、参考資料として提出したペ・チュニさんの録音記録を読んでいただきたくお願いします(参考資料77)。私と電話で話す時、ペさんが何度も、スタッフが隠れて聞いていないかを確認し、気にしている様子も確認できるはずです。

「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述1

う~ん、凄い。スタッフに隠れてビクビクしながら話す。北朝鮮への祖国訪問で親族に面会した在日朝鮮人の話しと一緒です。

支援団体のスタッフからすると、こういう慰安婦が外で好きにしゃべられたら困るでしょう。

ナヌムの家とは、気の毒な被害者の言動を管理統制するための軟禁所らしい。 “朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その2” の続きを読む

朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その1

朴裕河教授の著書『帝国の慰安婦 植民地支配と記憶の闘い』に対して、挺対協が刑事訴訟起こした件で、ハフィントンポストにアップされている最終陳述が凄いです。

今更ですがこれに触れたいと思います。

慰安婦おばあさんを食い物にする支援団体が、なぜ過剰に反応して良識を持った学者に対して必死に言論弾圧するのかがよく分かります。

問題の構図が日本の朝鮮学校問題と非常に良く似ています。

気になる箇所にコメントしたいと思います。

“朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その1” の続きを読む

金正男暗殺後に「後継者問題は解決した」と豪語する北朝鮮

父親(=金正日)の生誕75年記念を祝う中央報告大会で「後継者問題は完璧に解決した」と報告される。

金正男暗殺後にこう言える神経が信じがたい。

北朝鮮の金正恩委員長が出席した故・金正日総書記の誕生日を祝う中央報告大会で「金総書記の後継問題が解決した」と報告がされました。

朝鮮中央通信によりますと、金総書記の誕生75周年を祝う中央報告大会で、金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長は「金総書記の指導の継承問題を完璧に解決したのは千年、万年の未来とともに末永く輝く最も貴い業績だ」と強調しました。また、12日に発射実験した新型弾道ミサイルに言及し、「民族最大の祝日である金総書記の誕生日を輝かしく飾った」と話し、金委員長の指導のもと「アメリカの対北朝鮮敵視政策を断固、粉砕しよう」と呼び掛けました。

金正日総書記生誕75年「後継問題が解決した」と報告

金正男を北朝鮮が暗殺したかはまだはっきりしませんが、暗殺後に「後継者問題は完璧に解決」「千年、万年輝く貴い業績」と言ってのけるのが凄まじい。

もし本当に暗殺したのだとしたら、中国が水面下で金正男にトップをすげかえる動きをしていたのでしょうか?

金正男本人にはやる気がないですから、そういう可能性は低いと思っていました。ただ、金正恩からしたらどんな小さな可能性でも、可能性がある、というだけで暗殺する動機としては十分な気はします。

というかやってないなら世界中に広がっている北の工作員説に反論すべきでしょう。

沈黙している時点で疑惑がどんどんふくらんでしまいます。

李在明の当選確率

韓国のトランプと言われている李在明氏。当選確率は0%だそうです。

崔碩栄さんいわく、李在明は韓国のドゥテルテで当選確率は0%。

一安心です。

はっきり言って、李在明の言っていることを本当にやったら韓国の経済は崩壊します。日本で東芝、日立、三菱、三井、その他もろもろの大企業をぶっつぶせ!と言っているようなものですから。

経済的困窮というのが一番革命を誘発しやすくなります。

普通の自由民主主義国家ならただの政権交代で終わるのですが、北からガンガン浸透工作受けている韓国で経済的困窮が続くとやばいです。なぜか経済的困窮の理由が、財閥や日本や米国のせいにされて、韓国瓦解を防ごうと助けてくれる人と闘うように誘導されますから。

韓国の保守がとにかく素晴らしいとは思いませんが、北の朝鮮人虐殺にすんごく甘い左派よりはマシです。

北の人権弾圧に激アマな人たちを見ると、お前らは本当にリベラルか?、と言いたくなります。

まぁこのまま対立状態を維持しつつ、文在寅、李在明、安哲秀など、野党候補が乱立して票を割ってほしいことです。

このままいったら潰しあって反セヌリ党の票が割れ、結局セヌリ党候補が勝ってしまう、なんてことになりそうですね。

個人的には、黄教安首相か、もしくは国民の党代表の安哲秀だったらいいな~と思ってます。

本当に一番いいのは、韓国の左翼(=進歩派)が、ちゃんと北の人権問題に取り組むようになることでしょう。本来は右だろうが左だろうが、北の暴君を助けて結果的に朝鮮人弾圧に加担するなどありえませんから。

さすがに第二次太陽政策はありえないと信じたいですが、どうも財閥敵視(=資本家は悪!)という論調を扇動して韓国経済の瓦解を狙ってるように思えます。

韓国経済を良くするためには、日本とスワップ結んでガツンと金融緩和を行い、それと並行して貴族化した労働組合の是正なんかを進めていくことが韓国にとっての最優先課題でしょう。

共に民主党じゃあ、票田になっている労組にメスを入れることは不可能です。そういう点でもセヌリ党に期待したいところです。