北朝鮮の対南文化侵略

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2017年 3/7 号 [習近平vsトランプ]』の北朝鮮記事で、韓国の従北汚染が深刻なレベルに達していることが分かる内容がありました。

北朝鮮を支援する中国とアメリカのどちらかを選ぶとなれば、韓国は必ずアメリカを選ぶと、アメリカ人の多くは信じている。だが15年前から韓国で暮らす私には、そうは思えない。

個人的な印象を言えば、韓国では経済的繁栄を危険にさらすより、安全保障で妥協したほうがましだと考える国民が増えている。その証拠に、THAAD(高高度防衛ミサイル)の在韓米軍への配備をめぐる論争は今も続いている。

韓国の国民が抱く韓国という国家への愛着度を過大評価するべきではない。韓国という国家は「正統」ではないとする意見は、少数派ながら強い影響力を持つ。

ソウルでは、今、南北が協力して脱北者の犯罪集団を追う筋立てのサスペンス映画が大ヒットしている。ハンサムな俳優が演じる北朝鮮側の主人公はクールな役柄で、韓国側の主人公は冴えない3枚目。もはや定番になったこの手の設定が意味するのは、北朝鮮に奉仕する者はかっこよく、韓国の場合はそうでもないということだ。こうした映画を、正恩がちゃんと見ていることも忘れてはならない。

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2017年 3/7 号 [習近平vsトランプ]』 P36

韓国が大分裂して混乱しているが、最終的には日米側(=自由&民主主義側)に戻ってくるだろうし、まさか赤化統一なんてないだろう、と思ってましたが冷や水を浴びせられた気持ちになりました。 “北朝鮮の対南文化侵略” の続きを読む