2017-03

偽装保守

引揚者の歴史改ざんを開始した従北右翼

ジャパニズムで絵にかいたような従北右翼言論を展開している余命三年時事日記の漫画。特徴は北朝鮮最大の仮想敵国、韓国を日本を使って攻撃させること。あと北朝鮮と総連がやったことを、韓国や在日「全体」に責任転嫁する情報操作もせっせとやっておられます...
朝鮮学校の教育

朝鮮民族やめて金日成民族になりましょう

一瞬で消えた、金正恩の母親を国母化しようとしたプロパガンダ映画『先軍朝鮮の偉大な母』がネットにあったので紹介しておきます。金正恩の母、高英姫いわく「将軍様の代を継ぎ、今後、金日成民族、金正日朝鮮の未来を担っていかなければならない」そうです。...
従北情報

森友学園と朝鮮学校

森友学園問題で、朝鮮学校はどうなのよ?という問題提起もありました。自民と安倍総理が嫌いで嫌いで仕方ない人たちは、問題のすり替えだ!と反論してきそうですが、こちらの方がはるかに問題は深刻かつ大きい。土地なんてタダ同然で手に入れて、それを勝手に...
蒲生日記

北朝鮮対話派の非論理性

『フォーリン・アフェアーズ・リポート2017年3月号 (フォーリン・アフェアーズ・レポート)』に、「平壌と交渉しか道はない」という寄稿論文がありました。ジョン・デルーリ延世大学准教授(中国研究)が書いたようです。北朝鮮とは対話や外交交渉しか...
帰国事業

北朝鮮帰国事業 韓国は国際司法裁判所に訴えようとしていた

1959/12/14の読売新聞の夕刊。韓国が北朝鮮帰国事業を国際司法裁判所に訴えようとしていた記事がありました。日本は応じたくない国際司法裁提訴 韓国申し入れに回答駐日韓国代表部の柳大使は十四日午前十一時、外務省に伊関アジア局長を訪れ、さる...
ダメな保守

『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その6 ~Let’s 民団叩き~

前回の続きです。(『『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その5 ~性質まったく異なるものを比較~』)青林堂のような従北偽装保守言論の特徴は、大変問題の多い北朝鮮や朝鮮総連に絞って批判すりゃいいのに、なぜか韓国や民団をひとまとめにして在日全...
ダメな保守

『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その5 ~性質まったく異なるものを比較~

前回の続きです。(『『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その4 ~罪の軽重が狂っている~』)今回は特徴のまったく違う母集団を比較するという、統計詐欺の手法を指摘したいと思います。坂東氏は著書『在日特権と犯罪』の中で、日本人を「1」として、...
ダメな保守

『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その4 ~罪の軽重が狂っている~

前回からの続き。(『『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その3 ~印象操作を平気でやる~』)統計データの母数を隠蔽して印象操作したり、とにかく「韓国・朝鮮」を問題視させるよう読者を誘導している点を指摘してきました。坂東氏の判断回路がかなり...
蒲生日記

韓国大統領選後のシナリオ

朴槿恵大統領の罷免が決定。混乱につぐ混乱ですね。それにしても悲劇的な歴史を背負った人物です。母が暗殺され、父も暗殺され、自分もナイフで切り付けられて危うく死にかける。とどめは韓国国民に大統領の座から引きずりおろされる。これほど悲劇的な人生を...
ダメな保守

『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その3 ~印象操作を平気でやる~

前回からの続き。(『『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その2 ~データ分析の資質がない~』)「韓国・朝鮮」叩きという結論ありきでデータ分析をするこういう馬鹿なことを平気で書いてしまうという典型例のような本が『在日特権と犯罪』。万引きに対...
タイトルとURLをコピーしました