『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その6 ~Let’s 民団叩き~

前回の続きです。(『『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その5 ~性質まったく異なるものを比較~』)

青林堂のような従北偽装保守言論の特徴は、大変問題の多い北朝鮮や朝鮮総連に絞って批判すりゃいいのに、なぜか韓国や民団をひとまとめにして在日全体の問題にすりかえようとするところ。

別に韓国や民団に問題がないとはいいませんが、北朝鮮と総連に比べたらどうでもいいレベルです。

まぁこれは韓国にも言えることなんですけどね。日帝だの親日派清算だの言ってる暇があるなら国土の北半分の乗っ取られて、北の同胞が朝鮮民族から金日成民族へと民族浄化されてるのに、そちらはスルーしてせっせと70年前のこと持ち出して日本と無意味な戦いしているわけですから。

この辺の敵同士を争わせる手腕は共産主義のお家芸です。スターリンに踊らされて日米が戦争して、世界の半分が共産主義で赤く染まったわけですが、昨今の日韓歴史論争も構図は一緒です。

日韓ともに歴史からなんも学んでないですね。笑ってしまう。

この不毛な争いを炎上させるべく、せっせと燃料を投下する役目を負った方々が、従北偽装保守の皆さんです。

拉致被害者を奪還せよ!と声高に叫ぶわりには北朝鮮が喜ぶことを平気でやる神経が信じがたい。

本来味方にすべき相手をわざわざ敵側に押しやる役目を喜々としてやっているのが、坂東氏のような「自称」保守言論人でしょう。

今まで坂東氏の統計詐欺の手法を紹介してきましたが、従北偽装保守の特徴である民団叩きをしている箇所にツッコミを入れたいと思います。

“『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その6 ~Let’s 民団叩き~”の続きを読む

『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その5 ~性質まったく異なるものを比較~

前回の続きです。(『『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その4 ~罪の軽重が狂っている~』)

今回は特徴のまったく違う母集団を比較するという、統計詐欺の手法を指摘したいと思います。

坂東氏は著書『在日特権と犯罪』の中で、日本人を「1」として、各国ごとの犯罪検挙率を算出しています。

その内容はこれ。

“『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その5 ~性質まったく異なるものを比較~”の続きを読む

『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その4 ~罪の軽重が狂っている~

前回からの続き。(『『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その3 ~印象操作を平気でやる~』)

統計データの母数を隠蔽して印象操作したり、とにかく「韓国・朝鮮」を問題視させるよう読者を誘導している点を指摘してきました。

坂東氏の判断回路がかなり狂ってるな~と思わされたのが、「車上あらし」と「自動車窃盗」での書き方です。

“『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その4 ~罪の軽重が狂っている~”の続きを読む

韓国大統領選後のシナリオ

朴槿恵大統領の罷免が決定。混乱につぐ混乱ですね。

それにしても悲劇的な歴史を背負った人物です。

母が暗殺され、父も暗殺され、自分もナイフで切り付けられて危うく死にかける。

とどめは韓国国民に大統領の座から引きずりおろされる。

これほど悲劇的な人生を背負わされていることには深く同情します。

それにしても裁判所の判決文をどれだけ読んでも、弾劾されるほどのものとは思えません。韓国の司法もだいぶやばいですね。

裁判所は自分たちに調査させなかったのが気に入らなかったのでしょうか?うさんくさい捏造証拠が出てきては、結論ありきの捜査じゃねぇの?と朴槿恵大統領が拒否する気持ちも分からんでもない。

演説文の意見を崔氏に聞いたことが、機密文書流出の重罪になるのが驚きです。廬武鉉が機密文書を家に持って帰ったり、どこぞに消えたことは大して問題視されないのに不思議なもんです。

日本のテレビ報道も、韓国人へのインタビューは弾劾賛成の人の意見ばかりです。反対派の意見も紹介してこそ公平な報道というものでしょう。都合の悪いことは報道しない。マスコミのお家芸です。

まぁ決まってしまったものはしょうがない。集まった保守派も暴れてないで、切り替えて次の選挙に備えるべきでしょうね。

けが人、死人が出たと日本でいろいろ報道されてます。保守派の暴力デモは熱心に報道されるのに、韓国左翼のデモはあまり日本で紹介されません。不思議なもんです。

2015/11/14の光化門前のデモ。これに比べたら保守派のデモがまだ大人しいように見えるのが驚きます。

 

日本の報道では、親朴派の保守=暴徒化、という印象を抱く報道が多い。

親北派の左翼=暴徒化、という報道ももっとあってよさそうなのに、そういうデモはなかなか日本の地上波には出てきません。困ったものです。

金正恩は大喜びでしょうね~。総連と韓統連も小躍りしていることでしょう。

私が北朝鮮なら、この保守派のデモに工作員潜りも混ませて暴徒化を扇動するでしょうね。こっそり武器持たせて、爆弾を爆破させたり、発砲なりさせれば「保守=狂暴」というレッテル貼りできますから、文在寅大統領誕生に寄与します。

悔しいのは分かりますが、警察困らせてないでさっさと家に帰って次期大統領選挙に備えるべきでしょう。相手につけいるスキを与えるだけです。

暴れる情熱と労力は次期大統領選に発揮してほしいところです。

さてさて次期大統領が右派になるか左派になるか。

それぞれどうなるか考えてみましょう。

“韓国大統領選後のシナリオ”の続きを読む

『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その3 ~印象操作を平気でやる~

前回からの続き。(『『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その2 ~データ分析の資質がない~』)

「韓国・朝鮮」叩きという結論ありきでデータ分析をするこういう馬鹿なことを平気で書いてしまうという典型例のような本が『在日特権と犯罪』。

万引きに対するコメントがかなりありえない。

内容はこれ。 “『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その3 ~印象操作を平気でやる~”の続きを読む