朝鮮学校のおぞましさ 北送された在日一世の無念を忘却させる

実際に朝鮮学校の教科書をじっくり読んだ結果、世の中の朝鮮学校を擁護している本が、いかに欺瞞に満ちたおぞましいものであるかが分かります。

まず、大前提として、朝鮮学校の教科書に乱舞している写真をご覧いただきましょう。 “朝鮮学校のおぞましさ 北送された在日一世の無念を忘却させる”の続きを読む

朝鮮学校を擁護する人たちの矛盾

朝鮮学校を擁護する人たちの根本的な間違いは、北朝鮮の支配層は「朝鮮民族」ではなく「金日成民族」だということを理解していないことでしょう。

何をそんな詭弁を!と反論を受けそうですが、こちらの認識は問題ではないでしょう。

相手が自分たちを「金日成民族」だと、自己定義しているのですからこちらが違うと言ったところで無意味です。

そうなると現在の北朝鮮は、金日成民族が朝鮮民族を支配している国となります。もしくは朝鮮人を民族浄化して、全て金日成民族に作りかえてしまった、とも言えます。

こうなると日本の植民地支配を情熱的に批判してきた人たちの言っていることに、強烈な矛盾が生じることになります。朝鮮学校無償化にずーっと賛成しつづけてきた大阪産業大学の藤永壯教授は、『マンガ嫌韓流』のここがデタラメ―まじめな反論 不毛な「嫌韓」「反日」に終止符を!対話と協力で平和を!!』でこう述べています。

“朝鮮学校を擁護する人たちの矛盾”の続きを読む

なぜか直近の歴史には注目しない保守とリベラル

保守界隈で歴史を見直そう!運動が活発です。

まぁ昔からこういう流れはあったようですが、「拉致被害者奪還!!」と叫ぶ方々が戦前の歴史ばかりに注目して、60年代後半から80年代までの歴史に注目しないのが謎です。

拉致ってその頃に起きたのに不思議なもんです。まぁ北がネット上でせっせと扇動している愛国路線のレールを走らされていると言えます。北が隠したい歴史には注目させず、日韓がもめる争点で世論を扇動しているわけですね。

日韓断交が北の戦略目標です。

北朝鮮や中国からしたら、戦前の歴史で論争してくれるほうがとってもありがたい。

何せ己の最悪な自国民虐殺が注目されなくなりますから。

戦前のことで歴史論争で負けても中国や北朝鮮は大してダメージを受けません。

近頃の保守はしょせん歴史論争で闘っている気になっているだけで、相手の有利な戦場に出向いて不利な戦いをわざわざやっている残念な人だとしか思えません。

南京事件と通州事件なんてその典型例。そんな暇あるなら毛沢東の大躍進と文化大革命でも勉強して、中国人のために中国共産党と歴史論争してあげる方がよほど建設的です。その方が中国ははるかに嫌がります。

日韓併合時代の是非を口角泡飛ばして論争する暇があるなら、北朝鮮の収容所で在日朝鮮人や日本人、韓国国軍捕虜が最悪な方法で殺されていったことをどう思うか日韓の歴史論争の争点にした方がよほど拉致被害者奪還に寄与します。

それができない時点で、中国と北朝鮮に戦略レベルで負けているといえます。

例えるなら占領しても意味がないところで無駄な消耗戦をしているわけです。戦域設定という作戦レベルで負けているようでは、いくら現場の戦場で勝利して、戦術レベルの勝利を積み上げても負けてしまいます。

もうちょっとそういう視点を持ってほしいものです。

苦言はこの辺にして、今では産経=反韓、朝日=親韓というのが世間の常識になっています。しかし、30年前くらいまでまったく逆だったことを韓国ウォッチャーの黒田さんが著書の中で書かれていました。

昔っから朝日が親韓だったかのような印象を持っている人が多いですが、朝日は昔っから一貫して親北朝鮮です。

“なぜか直近の歴史には注目しない保守とリベラル”の続きを読む

金正恩元帥に総聯中央常任委から手紙 ~教育援助金に感謝~

朝鮮総連が金正恩に感謝の手紙を渡したそうです。

北朝鮮は自分たちを、「金日成民族」、「金正日朝鮮」と規定しています。

金日成民族の国から教育援助金もらったのであれば、当然、「金日成民族」教育をするよう要求するのは当然。

朝鮮学校の民族教育が、「朝鮮民族」の民族教育ではない良い証拠です。

朝鮮学校支援者はいつまで民族詐欺を続けるつもりでしょうか?

手紙の内容はこちら。

“金正恩元帥に総聯中央常任委から手紙 ~教育援助金に感謝~”の続きを読む

朝鮮総連の代弁者 桜井誠

従北左翼の理想的な右翼像を実践して、従北左翼側の内部の結束を高めることに大変貢献しておいられる在特会元会長の桜井誠氏。

もはや朝鮮総連の代弁者と言える彼の書いた本を読むと、従北右翼の任務がよく分かります。

特徴は、次のような点。

  • 政治犯収容所の残虐さなど北朝鮮が触れてほしくないことはスルーする。
  • もちろん帰国事業で北送された、在日朝鮮人や日本人が政治犯収容所でどのように殺されたかも絶対に触れない。
  • 60年代、70年代、朝鮮総連が今までやっていた韓国非難を、愛国の仮面をかぶって代行。
  • す~っと反日扇動をしていたのは北朝鮮と朝鮮総連なのに、それを韓国と民団にすりかえる。(「のりこえねっと」、もとい「すりかえねっと」の面々もビックリ)

桜井氏の著書からこりゃまた絶妙だな~と思った内容を紹介します。

“朝鮮総連の代弁者 桜井誠”の続きを読む