テロ等準備罪と対韓工作

「テロ等準備罪」、通称「共謀罪」に断固反対している人々がいます。

まぁだいたい戦後一貫して親北的な傾向がある集団や知識人たちほど、声高に叫んでいます。

対韓工作基地として、さんざん韓国を瓦解するための浸透工作に利用されてきた事実があるのに、何もしなくてよいなどありえません。

むしろ、やっと法案ができるのかと自分たちのトロさを恥じるべきでしょう。

本来であれば、文世光事件でこういった法案ができてしかるべきでした。

1974年9月6日の読売新聞朝刊で警察庁の答弁が記事になっています。

“テロ等準備罪と対韓工作”の続きを読む