日本も条件がそろえば在日と同じことをする

ちまたで騒がれている在日問題の諸悪の根源は、ほとんどが北朝鮮と朝鮮総連が作り出したもの。その問題点を断固改善しようとしないのがこの集団の特徴です。

裏で右翼扇動して差別を作り出す工作なんかは基本中の基本業務です。

いくら言っても改善しようとしない在日チュチェリアンに、在日コリアンが怒り心頭だったりしますが、その時に妙に自虐的になるのがとっても気になります。

「どうして在日はこうなんだ、、、」

「在日社会は一度滅んだ方がいいんじゃないか、、、」

「在日やってるのが嫌になるわ~、、、」

と、つぶやいて「在日という人種は、人として大きな欠陥を抱えている種族なのではないかと、、、」と始まります。

もうね、そのたびに内心、「民族は関係ねぇべ」とイラッとするんですよ。

北朝鮮と朝鮮総連というろくでもねぇ身内を持ったせいで、大変な目にあわされていることに深く同情するのが9割、なんでそんな自虐的なの?というイラつき1割といったところでしょうか。

それに輪をかけてイラつくのが日本の嫌韓&嫌在日の右翼。良くなってほしいという善意がベースにある在日への苦言は良いのですが、優越意識が見え隠れする日本人の在日への苦言にはうんざりさせられます。

差別とかそういう話しではなく、「おめぇのその自信はどっから出てくんの?」というイラつきです。

在日の妙な自虐意識と、日本人の意味不明な優越意識を苦言を呈したいので、日本人だって在日の失敗と同じようなことやっているよ、という事例を紹介します。

“日本も条件がそろえば在日と同じことをする” の続きを読む