朝鮮総連の規約に見る北朝鮮の体制擁護

朝鮮総連の規約の変遷を見ることで、いかに北朝鮮に盲従しているかが分かります。

変遷と言っても1955年5月に綱領ができ、その後の改定は1955年9月と2004年5月の2回だけ。

まぁ実質的な変化と言えるのは、2004年の1回だけでしょう。

最初の綱領から、2004年の改定を経て、何が消えているかを見ることで、いかに朝鮮総連が金一族に盲従しているかがよく分かります。

その内容がこれ。

“朝鮮総連の規約に見る北朝鮮の体制擁護” の続きを読む