なぜか直近の歴史には注目しない保守とリベラル

保守界隈で歴史を見直そう!運動が活発です。

まぁ昔からこういう流れはあったようですが、「拉致被害者奪還!!」と叫ぶ方々が戦前の歴史ばかりに注目して、60年代後半から80年代までの歴史に注目しないのが謎です。

拉致ってその頃に起きたのに不思議なもんです。まぁ北がネット上でせっせと扇動している愛国路線のレールを走らされていると言えます。北が隠したい歴史には注目させず、日韓がもめる争点で世論を扇動しているわけですね。

日韓断交が北の戦略目標です。

北朝鮮や中国からしたら、戦前の歴史で論争してくれるほうがとってもありがたい。

何せ己の最悪な自国民虐殺が注目されなくなりますから。

戦前のことで歴史論争で負けても中国や北朝鮮は大してダメージを受けません。

近頃の保守はしょせん歴史論争で闘っている気になっているだけで、相手の有利な戦場に出向いて不利な戦いをわざわざやっている残念な人だとしか思えません。

南京事件と通州事件なんてその典型例。そんな暇あるなら毛沢東の大躍進と文化大革命でも勉強して、中国人のために中国共産党と歴史論争してあげる方がよほど建設的です。その方が中国ははるかに嫌がります。

日韓併合時代の是非を口角泡飛ばして論争する暇があるなら、北朝鮮の収容所で在日朝鮮人や日本人、韓国国軍捕虜が最悪な方法で殺されていったことをどう思うか日韓の歴史論争の争点にした方がよほど拉致被害者奪還に寄与します。

それができない時点で、中国と北朝鮮に戦略レベルで負けているといえます。

例えるなら占領しても意味がないところで無駄な消耗戦をしているわけです。戦域設定という作戦レベルで負けているようでは、いくら現場の戦場で勝利して、戦術レベルの勝利を積み上げても負けてしまいます。

もうちょっとそういう視点を持ってほしいものです。

苦言はこの辺にして、今では産経=反韓、朝日=親韓というのが世間の常識になっています。しかし、30年前くらいまでまったく逆だったことを韓国ウォッチャーの黒田さんが著書の中で書かれていました。

昔っから朝日が親韓だったかのような印象を持っている人が多いですが、朝日は昔っから一貫して親北朝鮮です。

“なぜか直近の歴史には注目しない保守とリベラル”の続きを読む