沖縄米軍基地問題 仕込みはだいたい北朝鮮

徐勝氏が翻訳して日本で出版した『駐韓米軍犯罪白書』ですが、「沖縄=植民地支配」という等式が出ています。

この徐勝氏、元朝鮮総連の張勝氏が著書『徐勝(ソ・スン)「英雄」にされた北朝鮮のスパイ―金日成親子の犯罪を隠した日本の妖怪たち』で告発していますが、とっても危険な従北工作員です。

特徴は、米国にやたら厳しく、韓国には「軍事独裁の清算と民主化」を強烈に求めて、猛烈な反政府運動を展開し、日本にも戦前を持ち出して帝国主義だの軍国主義だのと批判する。

でもなぜか北朝鮮にはダンマリ。

これが従北工作員の特徴です。

さて、『駐韓米軍犯罪白書』ですが、日本での出版は1999年です。

このころから、沖縄米軍基地問題を炎上させるために、せっせと工作を仕掛け、ネタを仕込んでいたことになります。

種をまいていたのは北朝鮮なのに、なぜか今では「中国と韓国の工作がー!」という声がネット世論では多いですね。まぁうまいこと韓国の仮面かぶって北の存在を消しています。

憎悪の向かう先は、中国と韓国。

北は安泰。

うまいもんです。

こういう工作員本は目的が明確なんで、序文とあとがきを読むとだいたい意図するところが読み取れます。

“沖縄米軍基地問題 仕込みはだいたい北朝鮮” の続きを読む

この情勢下でも子供を祖国訪問させる朝鮮学校

これだけ核ミサイルだ、斬首作戦だと北朝鮮危機が報道されているのに、平気で子供を平壌に送り込み、在日一世、二世を殺しまくった金日成・金正日の銅像に頭を下げさせているのが朝鮮学校です。

記録として画像添付。

ハングルですが、九州と愛知の朝鮮学校の子供が校長先生に引率されて祖国を訪問されておられます。

“この情勢下でも子供を祖国訪問させる朝鮮学校” の続きを読む

北送日本人妻の自由往来要求を手助けしてくれた韓国

帰国事業で北送された在日朝鮮人に付いて行った日本人妻。

片道切符で、日本に二度と里帰りできない状態を打開しようと運動していた人たちがいます。

それを後押ししてくれたのが朴正熙の韓国。

このころの韓国は素晴らしいですね。むしろ当時の日本の親北っぷりは本当にありえなかったとつくづく思わされます。

その様子はこちら。

“北送日本人妻の自由往来要求を手助けしてくれた韓国” の続きを読む

韓国は在日を棄民した⇒北と総連とネトウヨの歴史捏造

帰国事業で、在日を厄介払いしたかった日本と見捨てた韓国、という構図で語るのが従北在日界隈の論調です。

大嘘ですね。

日本は善意で地獄送りにし、韓国は狂ったように反対していました。

韓国は在日を棄民した!というのが、北の、北による、北のための在日の歴史です。

その捏造歴史に洗脳されている人たちが実に多い。まぁ貧乏すぎて日本の在日韓国人を支援する余裕がなかったことを100歩譲って棄民したとしましょう。じゃあ北はどうなんですか?という話し。

北は、北送された在日奴隷にして、日本の親族から身代金せしめて、使い道がなくなったらスパイ容疑で収容所送りにし、無償の労働力として外貨獲得のための製品製造に死ぬまでこき使ってます。

それに比べたら、帰国事業に国をあげて反対していた韓国の方がよっぽどマシですし、奴隷として売られそうになっている在日のために闘ってくれたんですから感謝すべきでしょう。

それを「韓国は在日を棄民した!」と恨むなんてお門違いもいいところです。

当時の様子はこちら。

“韓国は在日を棄民した⇒北と総連とネトウヨの歴史捏造” の続きを読む

朝日新聞の偏向報道糾弾 元祖は民団

知らない人が多いですが、朝日新聞の偏向報道を糾弾していた元祖は民団です。

朝日は、今では韓国の味方面していますが大嘘です。

朝日新聞は、昔っから反韓・親北です。

今も日韓関係を無意味に悪化させ、日韓断交という北の第一級戦略目標達成のためにせっせと偏向報道していたのが朝日新聞です。

北=地上の楽園、南=地上の地獄。

この構図にもっていこうとする朝鮮総連と長年結託してきたのが朝日新聞です。

そのことがよく分かる動画がこちら。1980年12月頃のようですが、民団が朝日新聞に対し、韓国への偏向報道をやめろと抗議しに行っています。

“朝日新聞の偏向報道糾弾 元祖は民団” の続きを読む