在日本朝鮮青年同盟活動家代表団が北朝鮮を訪問

帰国事業で北送された在日同胞9万3千人のことを、教育援助金500億弱ぽっちで忘却し、一人当たり50万円で北の暴君に売ったに等しい、強烈な「反」在日コリアン的な皆さんが北朝鮮へ訪問して帰ってきたようです。

その「反」在日コリアン団体の名を「在日本朝鮮青年同盟」といいます。

この人たちがせっせと親北人士養成所の朝鮮学校を断固維持し、子供の未来を北の独裁者に捧げています。

戦後何十年にも渡って継続されている、歴史に残る人権蹂躙行為と言えます。

教育援助金500億弱で、金一族が在日同胞を万単位で政治犯収容所で虐殺した罪を忘却し、ありえないことに何も知らない子供に敬愛する元帥様と称えさせる。

在日の子孫を使って、在日一世たちの魂を踏みにじらせる。本当に最悪。

誰も「敬愛する元帥様」なんて思っていないという言い訳を聞きますが、せっせと平壌に訪問する大人が大量にいるのに、なぜその現実を無視するのか理解に苦しむ。

実際、平壌に毎月のごとく誰かしら訪問して、金親子の銅像に頭をさげているわけですから、「洗脳なんてされていない!」と言い訳したところで、「一部といえども洗脳が成功している人もいますよね?」としか思えない。

洗脳教育が成功するかしないかが問題ではなく、洗脳教育をやっているかいないかが問題の本質のはずです。

さて、朝鮮学校の洗脳教育が成功した「在日本朝鮮青年同盟」の方々が、5/1から訪問していた様子を北朝鮮報道からその足跡を紹介します。

“在日本朝鮮青年同盟活動家代表団が北朝鮮を訪問”の続きを読む