左翼が最も右翼の国 『韓国・反日症候群』

1995年出版の黒田勝弘さんの著書『韓国・反日症候群』から、20年前から指摘されているのに、やっと周知されるようになったのかと感慨深い内容があったので紹介します。

左翼がもっとも右翼の国

ところでわれわれ外国人の目には、韓国においては左翼が最も右翼的に見えることがある。その理由は韓国の左翼の基調が「反外勢」という言葉で象徴されるように、一種の排外主義的な民族主義だからだ。韓国の左翼は北の影響から決して抜け出ることはできないのだが、北を見ればこの排外主義はいっそう明らかである。したがって逆説的にいえば現在、韓国(韓半島)における最大の右翼は北の金一家集団であるということも可能である。

これは本当におっしゃる通り。

北なんてガッチガチの保守主義&排外主義集団でしょう。

韓国の左翼も一緒ですんごく排外的です。

むしろ韓国の保守派と言われる人たちの方が、自由を掲げて北と闘っています。

日本で反差別・反ヘイトを叫ぶ方々が、なぜかこの排外全開の韓国の従北左翼と結託するのだから二重基準ここに極まれりという感じですね。

“左翼が最も右翼の国 『韓国・反日症候群』” の続きを読む