従北のアントニオ猪木氏と反北の野田数氏のバトル勃発

日本を代表する従北議員のアントニオ猪木氏が、朝鮮大学校の認可取り消しをすれば良いという、北朝鮮にとっても最もやってほしくないことを主張している野田数氏を刑事告訴したとのこと。

北も馬鹿じゃないですから、勝算あってのことかな~という気もしますが、東京都議選に向けて足を引っ張るために3くらいのことを100くらいに拡大解釈して、野田氏を貶めようとしている可能性もあります。

さてさて、真実はどちらなのでしょうか?

まぁ、裁判ではっきりする頃には都議選は終わってますよね。

世の中も興味を失っているでしょう。

ただ、都民ファーストの会がそこそこ議席を確保して、野田氏が無罪判決になったら朝鮮大学校の認可取り消しは可能性が高くなりそうです。

色々怪しい感じなのがアントニオ猪木氏の記者会見の様子です。

“従北のアントニオ猪木氏と反北の野田数氏のバトル勃発” の続きを読む