沖縄米軍基地問題 仕込みはだいたい北朝鮮

徐勝氏が翻訳して日本で出版した『駐韓米軍犯罪白書』ですが、「沖縄=植民地支配」という等式が出ています。

この徐勝氏、元朝鮮総連の張勝氏が著書『徐勝(ソ・スン)「英雄」にされた北朝鮮のスパイ―金日成親子の犯罪を隠した日本の妖怪たち』で告発していますが、とっても危険な従北工作員です。

特徴は、米国にやたら厳しく、韓国には「軍事独裁の清算と民主化」を強烈に求めて、猛烈な反政府運動を展開し、日本にも戦前を持ち出して帝国主義だの軍国主義だのと批判する。

でもなぜか北朝鮮にはダンマリ。

これが従北工作員の特徴です。

さて、『駐韓米軍犯罪白書』ですが、日本での出版は1999年です。

このころから、沖縄米軍基地問題を炎上させるために、せっせと工作を仕掛け、ネタを仕込んでいたことになります。

種をまいていたのは北朝鮮なのに、なぜか今では「中国と韓国の工作がー!」という声がネット世論では多いですね。まぁうまいこと韓国の仮面かぶって北の存在を消しています。

憎悪の向かう先は、中国と韓国。

北は安泰。

うまいもんです。

こういう工作員本は目的が明確なんで、序文とあとがきを読むとだいたい意図するところが読み取れます。

“沖縄米軍基地問題 仕込みはだいたい北朝鮮” の続きを読む