第2延坪海戦での韓国海士差別が日本の自衛隊差別と一緒

2002年の日韓サッカーワールドカップの裏で起きていた、第2延坪海戦。

金大中・廬武鉉と続く左派政権下で、完全に置き去りにされていた事件です。

軍人に対する冷酷さが、日本左翼の自衛隊ヘイトを彷彿とさせます。

韓国の有志がクラウドファンディングで資金を集め、韓国で映画化されたものが2016年4月に公開されています。DVDも発売されています。

韓国の保守も頑張っていますね。

“第2延坪海戦での韓国海士差別が日本の自衛隊差別と一緒” の続きを読む

従北のアントニオ猪木氏と反北の野田数氏のバトル勃発

日本を代表する従北議員のアントニオ猪木氏が、朝鮮大学校の認可取り消しをすれば良いという、北朝鮮にとっても最もやってほしくないことを主張している野田数氏を刑事告訴したとのこと。

北も馬鹿じゃないですから、勝算あってのことかな~という気もしますが、東京都議選に向けて足を引っ張るために3くらいのことを100くらいに拡大解釈して、野田氏を貶めようとしている可能性もあります。

さてさて、真実はどちらなのでしょうか?

まぁ、裁判ではっきりする頃には都議選は終わってますよね。

世の中も興味を失っているでしょう。

ただ、都民ファーストの会がそこそこ議席を確保して、野田氏が無罪判決になったら朝鮮大学校の認可取り消しは可能性が高くなりそうです。

色々怪しい感じなのがアントニオ猪木氏の記者会見の様子です。

“従北のアントニオ猪木氏と反北の野田数氏のバトル勃発” の続きを読む

人生を否定される苦しみを子供に伝染させる

韓国のハナ院(脱北者の定着支援施設)で重視されていることの一つに、脱北者に対して本当の歴史を教えることがあげられます。

その時、反発する脱北者がいるのですが、このあたりの洗脳教育の弊害が朝鮮学校支援者と同じだったので紹介しておきます。

本来、こういう苦しみを感じる必要もないはずなのに、幼少期から情感たっぷりに脳内に刷り込みをされると自己のアイデンティティになり、それを否定するのが感情的に辛くなります。
“人生を否定される苦しみを子供に伝染させる” の続きを読む

ハナ院で再教育を受ける脱北者の問題点と同じ問題を抱える朝鮮学校

脱北者がハナ院で再教育を受ける時に、色んな困難に直面します。

その問題点が、朝鮮学校と同じでした。

7つの名前を持つ少女』より該当部分を紹介します。

“ハナ院で再教育を受ける脱北者の問題点と同じ問題を抱える朝鮮学校” の続きを読む

北の現実を直視しない朝鮮学校のメンタル

脱北者の手記『7つの名前を持つ少女』に、幼少期から植え付けられた情緒のせいで、事実を直視することを拒否してしまう内容がありました。

これが在日同胞数万人を虐殺した相手を愛する教育は歪んでいる、という指摘に断固耳を貸さない朝鮮学校支持者の思考回路と同じだなと思ったので、その内容を紹介しておきます。

“北の現実を直視しない朝鮮学校のメンタル” の続きを読む