60年代の日本と90年代の韓国の類似性

90年代~2000年代前半の韓国では、猛烈な民族主義の嵐が吹き荒れてました。

やばいのは反米活動との結びつき。

南北融和の雰囲気で「統一を阻害しているのはアメリカ帝国主義のせいだ!」という馬鹿な若者が大量生産されておりました。

ちなみに昨今のネット上の嫌韓論調は一昔前の韓国のことを、まるで今も同じかのように言っているのが多いです。まぁ実際その残りかすはいまでもあるし、馬鹿にならない勢力を誇っていますが、間違いなく徐々に改善していっています。

まぁ日本や米国、その他の国々から韓国批判が出てくるのも、韓国が力をつけてきて、外国に対する発言に責任と理性を求められるようになった良い証拠でしょう。

この辺の構図は昔の日本もたどってきた道だったりします。

“60年代の日本と90年代の韓国の類似性” の続きを読む